『世田谷コーヒー宣言』 スペシャルティコーヒー専門店カフェテナンゴの公式ブログ

cafetenang.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 04日

エアロプレスの抽出方法(インヴァート)

インヴァートは、エアロプレスに付属している説明書に書いてある抽出方法ではない。

プランジャー(本体部分)をひっくり返してセットし、最後にフィルターを付けて抽出を行う方法の
ことで、カフェテナンゴでは、このインヴァートをお勧めしている。

何故なら、通常の方法だとお湯をプランジャーに入れると同時にボタボタと落ちてしまうので、
『蒸らし』がキチンとできない。

そして、フィルターからお湯が漏れている様子が非常にだらしなく見える。
(受ける容器がグラスサーバーでなく不透明のマグやカップなら見えないが・・・)

私は、味よりもなによりも、このお湯が漏れている【だらしない感じ】が大嫌いなのだ。

インヴァート方式だと、ピストンのゴム部分が下にくるので、液漏れ無し。
そして、しっかりと『蒸らし』ができるので、コーヒーの成分をきちんと抽出できる。

カフェテナンゴおすすめのレシピで動画を作ったので、詳しくはこちらをどうぞ。



豆の量:付属スプーン1杯 / お湯:120cc(85~90度) / 抽出時間全体:約1分

◆抽出の流れ◆

1、粉の細かさは、細~極細挽き(ペーパー用とエスプレッソ用の間くらい)
2、お湯を入れたら時間計測を開始、マドラーで粉とお湯をなじませる
3、フィルターをセット(ここまででお湯を入れてから15秒くらい経過しているはず)
4、お湯を入れてから40秒経つまで『蒸らす』
5、40秒経ったら、ひっくり返してピストンを押し始める
6、15~20秒間で押し切るくらいの速度で圧力をかける
7、抽出終了(お湯を入れてからピストンを完全に押し切るまで全ての工程が約1分で終わる)
 
ちなみにこのレシピは、カフェテナンゴの開発した『エアロプレスブレンド』を
抽出することを前提に作ったものだが、他の豆でも使える。

このレシピで抽出してみて、もう少し濃い目が好みならば浸漬時間を長くするか粉を増やす。
逆にもう少しさっぱり目に淹れたければ、浸漬時間を短くするか、粉の量を減らす、
もしくは粉の挽き方を粗くする。

上記レシピにこだわらず、工夫して自分だけのレシピを作って楽しんでほしい。


エアロプレス本体の購入はこちら
カフェテナンゴが開発したエアロプレス専用ブレンドはこちら
[PR]

by cafetenango | 2011-04-04 22:38 | その他


<< 出張報告      エアロプレスの純正ペーパーフィルター >>