『世田谷コーヒー宣言』 スペシャルティコーヒー専門店カフェテナンゴの公式ブログ

cafetenang.exblog.jp
ブログトップ
2011年 08月 25日

ペニャ・ロハ農協 グアテマラ

「ペニャ・ロハ」とは、「赤い岩」という意味。

大きな赤い岩が発見されたので、「ペニャロハ」と名付けられた村で
組織された農協だからそのままペニャ・ロハ農協。

場所は、グアテマラのウエウエテナンゴのラ・リベルタ。
首都グアテマラシティから345km離れた、メキシコとの国境ちかく。

そう、あのエル・インヘルト農園のある場所と同じ。

管理さえきちんとしていれば、良質の珈琲が出来ること
間違いなしの気候と土壌だ。

農協を仕切るのは、アナクレト・ドミンゴさん。
彼を中心に一致団結して、高品質コーヒーを生産している。

小農家が持ち寄るコーヒー豆を集めているので、当然品種は
混在している。

メインがカツーラ種で約50パーセント。
その他が、サン・ラモン種20%、ブルボン種10%、ティピカ種10%
カティモールとパチェで10%程度だということだ。

この豆の特徴は、ずばり『甘さ』だ。

熟した果実の香りが豆の状態でもムンムンしていて、口に含むと
甘い味と香りがいっぱいに広がる。

収穫されているのは、平均1490mという高地なので、しっかりと
したコクが感じられ、じつにまろやか。

あきらかに過熟系の味だが、ぎりぎりのところで止まっており、
とても美味しく飲める。

店頭でもネットでも人気沸騰中のペニャロハ農協。

ぜひお試しあれ。

カフェテナンゴの『ペニャ・ロハ』
[PR]

by cafetenango | 2011-08-25 19:22 | グアテマラ(コーヒー)


<< コーヒーと柑橘系      サンタ・クルス農園 グアテマラ... >>