『世田谷コーヒー宣言』 スペシャルティコーヒー専門店カフェテナンゴの公式ブログ

cafetenang.exblog.jp
ブログトップ
2008年 12月 14日

コーヒーをお湯で薄める

ちょっとコロンビアの話を休憩して、「コーヒーをお湯で薄める」という話をします。

これは、日本ではなぜかタブーとされることが多いです。

「アメリカン」というメニューについての説明で、
『普通のコーヒーに「お湯」を足して薄めるのは間違い』と書かれていることがよくあります。

しかし、これは正解!というか決まりなんか無い。そもそも「アメリカン」というメニュー自体日本のものだし、「カフェ アメリカーノ」なんておもいっきりエスプレッソに「お湯」を足してつくります。

濃いコーヒーを「お湯」で薄めるのは、世界では『当たり前』。

中南米に行くと、濃く抽出したコーヒーをポットに溜めておいて、飲むときにカップに少量注いで、たっぷりとお湯を入れて飲む。こんな飲み方に出会うことが良くあります。ペルーなんてほとんどがこの飲み方でした。

コーヒーについては、本やネットで色々なことが書かれていますが、『これはこう!』と言い切ってしまっているものは、あまり信用しないほうがいです。

ルールというのは相対的なものなので、広い視野をもっている人ほど許容範囲が広く、選択肢をたくさん持っているはずです。

知れば知るほど断言はできなくなるはずです。

e0159435_16521825.jpg

お湯付のコーヒー。味の調整はお客に「丸投げ」です。実験みたいに、ちょっとづつお湯を注いで好みの濃さにするのは、けっこう楽しい。
[PR]

by cafetenango | 2008-12-14 23:41 | その他


<< 道路封鎖      ハンモックで寝る >>