『世田谷コーヒー宣言』 スペシャルティコーヒー専門店カフェテナンゴの公式ブログ

cafetenang.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ニカラグア(コーヒー)( 75 )


2015年 10月 14日

ニカラグアのコーヒーオークション

ロス・ファボリートスオークション

ニカラグアのミエリッシュ家が所有する農園だけで行われるプライベートオークション。
ミエリッシュ家だけといっても9つもある。そしてそのどれもが高品質のスペシャルティコーヒーを産出しているからスゴイ。

私はこのファミリアの作るコーヒーが大好き。近年は天候不順だったりさび病の流行だったりと中米は大変だが、ミエリッシュ家は、毎年はずれが無い。いやそれどころかますます磨きのかかったロットを仕上げてくる。もう本当に素晴らしいとしか言いようがない。


【ミエリッシュ家のサン・ホセ農園で】

さて、ますは【プライベートオークション】というのを説明しておかなければならない。

現在コーヒー業界でプライベートオークションじゃないものといえば、そう国際オークション【カップオブエクセレンス(COE)】だ。開催各国で多くの農園が参加して行われ、現地審査員と国際審査員でロットを選別、ランク付けする。

対してプライベートオークションは、一つのファミリーまたは一つの農園の中で区画、品種、精製などで分けられたマイクロロットが並ぶ。(1位とか順位は無い)
国全体を巻き込まないので非常にプライベートなものである。


【実験栽培の品種が出されたりするのも大きな魅力だ】

国際オークションよりもロットが小さく、マニアックなロットが多いのも特徴だ。
価格はプライベートオークションのほうが今は断然高い。ひとつひとつのロットが小さいというのは大きな要因だが、なにより応札者が落札意欲旺盛で競争が激しいからだ。

何が人気なのか?

まず第一にマイクロロットであること。高品質のロースターは皆小さいのだ。
もう一つは、他では手に入らないものが出品されている。
そして情報が細かく丁寧に開示されるのも非常に良いのではないだろうか。チェリーの収穫日やウォーターアクティビティまで記載されているものさえある。

スペシャルティコーヒーというのは情報が命なのだからこれらの細かい情報まで分かるというのは販売する際にも非常にありがたい。


カフェテナンゴは、2012年を最後COE入賞ロットの販売を止めた。

今はプライベートオークションで落札したものだけを販売している。

なぜなのか?

これからはプライベートオークションの時代だと思ったからだ。

ランクが付けられ、上位のものを狙っていくような買い方ではなく、その年のその農園で採れたものを味わって、自分で吟味し、自分の好きなコーヒーを落札して、どこが気に入ったのか、どのような意思を持ってその豆を買ったのかを説明しながら販売するほうがスペシャルティコーヒーとして自然だと思ったのだ。


今年4月に3回目のロス・ファボリートスオークションが終わり、カフェテナンゴには落札ロット『エル・ススピーロ農園』が届いている。



先日カフェテナンゴにミエリッシュ家のエレアンが来てくれて、一緒にエル・ススピーロをテイスティングした。

お湯をかけた瞬間からダークチョコレートの香りが辺り一面に漂う。もう間違いなく美味しいと思わせてくれるのに十分な香りのボリューム。一緒にニュークロップのエル・リモンシーヨ農園 ジャバニカ ウオッシュトも淹れる。力強いエル・ススピーロに対してこちらは繊細。

どちらも完成度の高いコーヒーだった。



近所のパティスリーナオキの4種類のケーキと共に味わう。エレアンはケーキが好きなようで、今回日本に来て一番おいしかったのはこのケーキだと言っていた。

ロス・ファボリートスオークションの審査員も務める彼女は、彼女はジャバニカが大好き。一次審査でジャバニカのロットをいくつか残した(通過させた)が、二次審査(彼女はかかわっていない)で全て落とされたとがっかりしていた。

たしかに今回のオークションにはジャバニカが出品されていなかった。


以下は、ミエリッシュ家の所有する農園。ロス・ファボリートスオークションには、これらの農園から選りすぐりのものが出品される。この9つの農園から400ロット以上が作られ、その中で最高レベルのものがオークションに出てくるのだ。

それでは、ここからミエリッシュ家が所有する農園を紹介しよう。

■エル・リモンシーヨ農園 




2008年COEで2位を獲りジャバニカを世界に知らしめたミエリッシュ家を代表する農園。
昨年カフェテナンゴでは、この農園のジャバニカ ウオッシュト、ジャバニカ ナチュラル、パカマラ ナチュラル、パカマラ ピーベリーの4種類を販売した。

ジャバニカ種は、ジャワ島の「ジャワ」とニカラグアの「ニカ」を合わせてJava nica(ジャバニカ)だが、カメルーンを経由してニカラグアに渡ったとされ、ジャワ島は全く関係がないらしい。

■ロス・プラセレス農園



最も面積の広い農園。ここに行くといつも馬に乗って農園を見ることになる。そのくらい広い。以前ここのマラゴジペを販売したことがある。それを知っている方はかなりのカフェテナンゴマニア。

■ママミナ農園 <2013年カフェテナンゴ落札>



記念すべき第一回ロス・ファボリートスオークションでカフェテナンゴが落札し、

空輸した

僅か40キロしかない超がつくマイクロロットだった。品種は、カツーラエストレージャ。
日本で初めて販売されたロス・ファボリートスのロットはこれ。

■サン・ホセ農園



今年の出張で開花のピークを見てきた。何年か前にここのジャバニカ ウオッシュトをカフェテナンゴでも販売した。サン・ホセのジャバニカは純度が高く、リモンシーヨのジャバニカよりも澄んだ味わいが特徴だ。

■ラ・エスコンディーダ農園



サン・ホセに行く途中にある。エスコンディーダとは「隠された」という意味だが、その名の通り、木が生い茂り、鬱蒼としている。岩が多く、畑には半分土に埋もれた大きな岩がごろごろとしていたのが印象的だった。

■ロス・アルトス農園



ママミナ農園に行く途中にある。もともとはママミナと同じ農園だったらしいが、内戦時に国に接収されて勝手に売られたとか。今は買い戻してロス・アルトスになった。過去にもCOE入賞歴があるが、今年も入賞し話題となった。ちなみに今年のロス・ファボリートスオークションでは最も注目されたロットだった。

■ロス・ミラグロス農園 <2014年カフェテナンゴ落札>


昨年落札したレッドカツアイのロット。これも日本ではうちしか落札しなかったので、独占販売となった。ちなみに現在販売中だがもう残り僅か。購入はこちら

ミラグロスとは【奇跡】と言う意味。管理人さんにくっついてコーヒーがびっしりと張り付く斜面を見ながら、山を登っていった。農園内に川が流れていて、自然の恵みは豊かである。

■エル・ススピーロ農園 
今年落札したのがこれ。5月の出張でも行ってきたのでその時の動画。サムネがイマイチだが勘弁してほしい。

11月発売予定なので、詳しくはまた話そう。とにかくこれは絶対に飲んで欲しいコーヒー。

■セロ・アスール農園

ミエリッシュ家がホンジュラスで新しく始めたプロジェクト。
2014年のホンジュラス出張で買ってきたので、まだネットショップで販売している。
高いところで1900mあるというにわかには信じがたい高標高を誇る。豆は砂利のように固く、焼くのは難しいが、浅い段階から深めまでロースト度合に合わせてそれぞれに楽しめる懐の深いコーヒー。

以上がミエリッシュ家の農園。カフェテナンゴでは毎年いくつものロットを販売しているので興味があればぜひ試していただきたい。■カフェテナンゴのニカラグア

それだけの価値があるコーヒー達だ。



[PR]

by cafetenango | 2015-10-14 18:54 | ニカラグア(コーヒー)
2013年 06月 23日

ママミナ農園

4月25日に行われたロス・ファボリートスオークションでカフェテナンゴが落札したママミナ農園の
発売日が6月28日に決まりました。

【ロス・ファボリートス】は、ニカラグアスペシャルティコーヒーを牽引するミエリッシュ家がCOEの
プラットフォームを使って今年初めて開催したプライベートオークション。2013年は、ニカラグア
のCOEが開催されなかったこともあり、高品質コーヒーを求める世界中のロースターの注目を
集めるイベントとなりました。

ミエリッシュ家が所有する農園から選りすぐりのマイクロロット。これは参加しないわけにはいき
ません。私が行ったことのある農園も数多く出品されていましたので、選びやすいというのもあります。

サンプルを取り寄せてカッピングをした結果、出品ロットの中で2番目に小さいロットNo.1726の
ママミナ農園が素晴らしいと判断。ニカラグアで生産されるカツーラ種としては別格の出来でした。
(正確にはカツーラ・エストレージャ種)

e0159435_18544931.jpg


この「ママミナ」というのは、ミエリッシュ家の「ミナおばあちゃん」の名前からとっているとても美しい農園。
私はここを訪れたときそのあまりの美しさ、神々しさに感動しました。<詳しくはカフェテナンゴのHPで>

農園を見た時に『ママミナのコーヒーが欲しい』と申し出ると、ドイツの会社がほぼ独占で買ってしまっている
とのことでした。2009年には(そのときはラ・ミニータという名前でしたが)カップオブエクセレンスにも入賞
するほどのスペシャルなコーヒーを産み出す農園。『いつか買って、日本で売りたい』と考えていました。

e0159435_19258.jpg


だからオークションのリストを見た時は鳥肌が立ちました。

『これでママミナが買える』

オークションでは、狙った通りに【#1726ママミナ】を落札できました。
このロットは、ただひとつしかなく、今年世界にこのロットだけ。カフェテナンゴ以外では買えません。
(他にもママミナのロットはありましたが、分割されているので2つ以上あります)

そして日本には一度も輸入されたことのない農園なので、【日本初上陸】ってやつです。

カフェテナンゴがママミナ農園を日本に初めて紹介したロースターになる。これは本当にうれしいことです。

e0159435_191511.jpg


なるべく多くの人にママミナの素晴らしさを知ってもらいたいけれど、このロットはわずか38キロ。
焙煎すれば30キロ程度です。それほど磨き抜かれたコーヒーであるわけです。

今回農園よりダイレクトに空輸をしました。生豆の鮮度も抜群です。

日本初のママミナ農園の珈琲をぜひこの機会に味わってみてください。

★初焙煎日 6月28日(金)

焙煎日限定 ママミナ農園 カフェテナンゴHP

参考までにロスファボリートスオークションに出品された他のロットを書いておきます。

■ラ・エスコンディーダ 品種:ラウリーナ(ブルボン ポワントゥ) 精製:ウオッシュ
■ススピーロ 品種:オレンジブルボン 精製:ウオッシュ
■ロスアルトス 品種:ブルボン 精製:パルプドナチュラル
■プラセレス 品種:ジャバニカ 精製:ナチュラル
■リモンシーヨ 品種:イエローパカマラ 精製:パルプドナチュラル
■サンホセ 品種:ジャバニカ 精製:ウオッシュ

その他にも品種違いや精製方法違い、収穫日違いなどいくつものロットがありました。
[PR]

by cafetenango | 2013-06-23 19:17 | ニカラグア(コーヒー)
2011年 09月 06日

エル・リモンシーヨ農園 ジャバニカ種

エルビンの農園「エル・リモンシーヨ」(小さいレモンの意)から
やっとニュークロップが届いた。

ジャバニカ種は、ジャワ島からニカラグアに渡った品種。

エルビンの一家は、マタガルパとヒノテガに複数の農園を所有していて、
様々な品種をきちんと区画整理して栽培しているため、同じ農園でも
品種違いや精製方法違いなどバラエティ豊かなロットを作り出している。

今回入荷したのは、ジャバニカ種のフリーウオッシュ。
本日テストローストが終わり、味の変化を見て焙煎度合を決めたら
販売開始。

味は、昨年同様に柑橘系の酸が美しく、夏みかん的なインパクトのある酸。
クリーンな味は相変わらずで、つるりと喉の奥に入っていく。
エルビンのコーヒーは、選別がしっかりしているので、どれも共通して
クリーンだ。

今年は、同じ「エル・リモンシーヨ農園」のブルボン種100%で
精製方法がナチュラルのロットも販売している。

ナチュラルとは、コーヒーの実を摘み取った後、そのままパティオに
干して脱穀して出荷するもの。水を使わないので、水源を汚さない
という長所があるが、未熟豆や虫食い豆など欠点が取り除けないという
短所もある。
香味の点では、水を使って精製する「ウオッシュド」とは違って、
クリーンさには欠けるが、果肉の香りが強く出るので、甘いフルーティな
感じになる。

ナチュラル独特の香りが好きな人は以外に多く、「モカ」が好きという人は、
ほとんどの場合この香りが好きな人である。

スペシャルティコーヒーの世界では、欠点豆の混入が避けられないナチュラルは、
認められない傾向にあるが、エスプレッソがブームを迎えている中で、
エスプレッソマシンで抽出しても個性がはっきりと出るナチュラルの需要は
高まる傾向にある。

カフェテナンゴでは、今年エル・リモンシーヨ農園以外にもナチュラルを販売
する予定あり。お楽しみに。
[PR]

by cafetenango | 2011-09-06 17:39 | ニカラグア(コーヒー)
2011年 04月 07日

出張報告

カフェテナンゴのHPには、『コーヒー研究室』というのがあり、その中に『出張報告』がある。

中米修行時代のことはほとんど書いてないが、カフェテナンゴをオープンしてから中米に行ったときのことを書いている。

2009年は、全て書いてあるが、2010年のものは忙しくてずっと更新されずに放置されていた。

もうすぐ2011年の出張がせまっているので、いいかげんに書かないと・・・ということで、
ついに更新を始めた。

まだ『エル・リモンシーヨ農園』しかアップできていないが、これからどんどん更新していく
ので、要チェック。

カフェテナンゴのコーヒー研究室はこちら
[PR]

by cafetenango | 2011-04-07 18:40 | ニカラグア(コーヒー)
2011年 01月 21日

エル・ポルベニール農園

ニカラグアのヌエバ・セゴビア県サン・フェルナンドにある『エル・ポルベニール農園』がとても好評。

販売する前は、『エル・インヘルト農園』パッカマラ種と比較されて、苦しい販売になるかと思っていたが、
味と香りが全くといっていいほど違うので、比較の対象にならず、【新しい味】として受け入れられたようだ。

このコーヒーは、あまり深く煎っても良くならず、割と浅めのシティくらいが一番いいような気がする。

チョコレートやミルクキャラメルのような香りとその後ろに隠れた果実香がこのコーヒー豆の個性を作っている。

酸が非常に綺麗で、全体の骨格をしっかりと支えているため、初めから終わりまで味のバランスが崩れず、
端正でシャープな印象を与えてくれる。

今月のおすすめセットに入っていて、同じオーナーの『カサ・ブランカ農園』カツーラ種との飲み比べができる。

エル・ポルベニール農園 パッカマラ種
[PR]

by cafetenango | 2011-01-21 19:14 | ニカラグア(コーヒー)
2011年 01月 06日

エル・ポルベニール農園 パッカマラ種

今年の営業が始まり、昨年末に発売予定だった【エル・ポルベニール農園】パッカマラ種がついに発売。

パッカマラ種といえば、エル・インヘルト農園だが、こっちはほとんど完売。夏過ぎくらいまで入荷は無い。

さて、このエル・ポルベニール農園は、今や有名になってしまったヌエバ・セゴビア県のサン・フェルナンドというところにある。

オーナーのセルヒオの車で行ってきたが、まあ遠かったこと。
カツーラ種などもあるが、2008年にカップオブエクセレンスで入賞したパッカマラ種を今年は販売することにした。

今年からバキュームパックで送られてくるので、コーヒー生豆の鮮度は良好。

開けてみると、超大粒のパッカマラ種!!!セルヒオは選別にこだわるので、アピアランスはぴっかぴか。COE入賞ロットよりも綺麗じゃないかと思うくらいに綺麗。

焙煎してみると、ものすごい迫力!

釜を開けたとたんにゴロゴロと音を立ててコーヒー豆が出てくるのを見たときは、『買ってよかった』と思った。

これは飲む前からインパクト絶大!

誰かにプレゼントしても(豆のままの状態で)面白いと思う。

味は、ただ今検証中だが、チョコやキャラメルのほうが強く出てくる印象。玉ねぎのような感じが無く、エレガント。非常に滑らかなコクがあって、エルサルバドルやグアテマラのパッカマラとはベクトルが違う。

『そうか、これもパッカマラか・・・』と考えさせられる。

勉強になるので、スペシャルティコーヒーの好きな人は絶対に飲むべし!

エル・ポルベニール農園 パッカマラ種はこちら

e0159435_19122652.jpg

[PR]

by cafetenango | 2011-01-06 19:12 | ニカラグア(コーヒー)
2010年 12月 20日

サン・アントニオ農園

ニカラグアのカップオブエクセレンス2010入賞農園【サン・アントニオ】。

ヌエバ・セゴビア地区モソンテのコーヒーだ。

いくつものCOE1位ロットを輩出してきた名産地。

ホンジュラスと国境を接する地区で、ニカラグアでは最も高い山脈がある。

当店で扱うカサ・ブランカ農園やエル・ポルベニール農園も同じヌエバ・セゴビアだが、
カサ・ブランカは、ディピルトにあり、エル・ポルベニールはサン・フェルナンドにある。

ヌエバ・セゴビア内でもいくつもの地区に分かれていて、それぞれにミクロクリマがあり、
土壌の質も違い、味も違っている。

今年の5月にヌエバ・セゴビアに行ってきたので、出張報告を書こうと思っているが、
いまのところ忙しくて書けていない。

ちなみに、昨年当店が扱ったニカラグアCOEオロ・ベルデ農園も同じ地区だった。
しばらくこのヌエバ・セゴビアを追いかけて香味の検証をしていくつもり。

興味のある方は、こちらのページをどうぞ
ニカラグア カップオブエクセレンス サン・アントニオ農園
[PR]

by cafetenango | 2010-12-20 18:09 | ニカラグア(コーヒー)
2010年 10月 21日

やっと終わった。

ニカラグア出張のことを6月からちょっとづつ書いていたのがやっと終わりになった。

途中、HPのリニューアル作業があり、中断したこともあって大変だった。

内容が薄い日も多く、反省している。


続きは『コーヒー研究室』の【出張報告】で詳しく公表するつもり。


カフェテナンゴコーヒー研究室はこちら
[PR]

by cafetenango | 2010-10-21 14:22 | ニカラグア(コーヒー)
2010年 10月 19日

ラ・エンバハーダ農園

ラ・エンバハーダとは、大使館の意味。

セルヒオが新しく買い足した農園。カサブランカ農園とエル・ポルベニール農園の間に位置している。

栽培放棄されていたコーヒー農園を買ったので、もともと植えられているコーヒーもあるが、これから整備して徐々に栽培区画を増やしていく予定だ。

パッカマラ、ジャバニカなど色々な品種を栽培して、どの品種が適しているのかを探ると同時に、趣味的にたくさんの品種が植えられたコーヒー植物園のような場所を目指している。

農園内を歩いて、景色の良い場所で一休み。
セルヒオがヌエバ・セゴビアの中でも最も山深く、美しい場所と言っている意味が良くわかった。

何年後かには、カフェテナンゴでもここの豆を販売したいと思っている。

農園から見上げた空
e0159435_18533185.jpg
[PR]

by cafetenango | 2010-10-19 18:53 | ニカラグア(コーヒー)
2010年 10月 08日

エル・ポルベニール農園

セルヒオが所有する農園のなかで最も歴史ある農園。
彼のおじいさんがコーヒー栽培を始めたのはここ。

ヌエバ・セゴビア県サンフェルナンドのかなり山深いところにあり、カツーラ種やパッカマラ種などいくつかの
品種が栽培されている。

シェードツリーには、バナナが植えられているのがカサ・ブランカ農園と違うところ。

カサ・ブランカは、幹線道路が近いため、シェードツリーにバナナを使うと、盗むやつが現れるので、
畑を荒らされることがあり、基本的に使われていない。

では、なぜエル・ポルベニール農園は、バナナを使うのか?

カサブランカは、町にアクセスしやすい環境にある為、食糧を手に入れるは容易だが、
険しい山を登った場所にあり、道路や町とかなり離れているエル・ポルベニール農園では、
労働者や地域コミュニティーにとってバナナは大切な食糧となる。

だから、シェードツリーにバナナを使っている。

農園の場所によってもシェードツリーというのは変わるのである。

カフェテナンゴでは、今年このエル・ポルベニール農園のパッカマラ種を販売する予定。

農園の入り口の写真。エル・ポルベニールとは、「未来」の意。
e0159435_18431175.jpg
[PR]

by cafetenango | 2010-10-08 18:43 | ニカラグア(コーヒー)