『世田谷コーヒー宣言』 スペシャルティコーヒー専門店カフェテナンゴの公式ブログ

cafetenang.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:エルサルバドル(コーヒー)( 22 )


2013年 09月 15日

ロス・ピリネオス農園へ(2013中米出張)

ひさしぶりにロス・ピリネオス農園に行くことになった。

サンサルバドルのホテルからオーナーのギルベルトさんに電話したら、
『来いよ』と。

しかし、首都サンサルバドルからロス・ピリネオス農園のあるテカパまで
は結構な距離がある。

自分で行くとなれば移動で一日かかってしまう。エルサルでの滞在日数
から考えて無理があったので、そのことを伝えると、車を迎えに行かせる
からと言われ「そこまでしてもらっていいの?」と思いながら行くことに。

9時半過ぎにアブランが迎えに来てくれて出発。彼は銀行に行ったり、
コーヒー豆を運搬したりと農園関係の仕事をなんでもやっている。農園に
行ったら何もないからということで、サブウェイで昼食用のサンドイッチを
買う。その後ガソリンスタンドで水やジュースを購入してクーラーボックス
に入れ車を飛ばした。

12時過ぎにサンティアゴ・デ・マリアという農園の近くの街に着く。ここから
山に入っていくのだ。

舗装道路が無くなり、でこぼこした土の道になるとすぐに両脇にコーヒーの
木が見え始めた。コーヒー畑の中を走っている。それだけでなんだかわくわ
くする。

この辺りはさび病の影響は少なかったと聞いていたが、標高の低い辺りは
葉の落ちてしまったコーヒーの木が散見された。

車は山頂を目指し、上へ上へ。だんだんと気温も下がって快適になってくる。
揺れる車体、風の音と鳥の鳴き声とカーステレオから流れてくる音楽。
気持ちいいなあ。

農園の精製施設のあるところに着くと、ルイスたちが仕事をしていた。フェイ
スブックではつながっているものの会うのは久しぶりだ。

とりあえずサンドイッチで腹ごしらえ。時期としては雨季に入っていたので、
午後は天気が悪い。雨がふらないうちに農園に行こうと、食べ終わったら
すぐに車に乗り込む。

e0159435_19212763.jpg

国内でも有名なパカマラ種が栽培されている区画やブルボンの区画などを
見学。以前も来たけれど、何度みても綺麗で、先を見据えた管理がうかがえ
る。このあたりは農園でも最も高い場所なので、さび病は関係なさそうだ。
記念撮影をしてから下山。

精製設備を新しくしたとのことで見せてもらう。

e0159435_19223158.jpg

ホタガヨ(機械のメーカー)のニューマシンがかっこいい。
e0159435_19231028.jpg

これは美味しいコーヒーができそうだ。よく見ると発酵タンクが無く、代わりに
デスムシラヒナドーラが設置されている。これも時代の流れなんですかね。

e0159435_1924306.jpg
【設備を説明するルイス】
そしてレポソ用のタンクが新設されているではないか!
レポソはパーチメントを洗った後、さらに綺麗な水の中に漬け置くこと。これで
洗ったコーヒー豆は【エクストラ・ラバード】といって、通常の豆よりもさらに付
加価値が付く。これ使った豆欲しい!!

以前訪問したときとはかなり変わっている。

アフリカンベッド(乾燥用の網棚)が出来ていたのも新しい。

e0159435_19235048.jpg

その隣には世界中のコーヒー品種が集められたコーヒー植物園のような場所
も新設されていて、珍しい品種を沢山見ることができた。
ロスピリネオス農園はここ3~4年でどんどん進化している。

カップオブエクセレンスで3ロット同時入賞とかやってのける農園はやはり違う
なと思った今回の訪問。

常に良い品質の珈琲を生み出すには先を見越した投資が必要なのね。

帰りの道は来た時とは別の道で。

首都サンサルバドルまでは、サン・ビセンテを挟んで北を通るルートと南を通るルートがある。

カフェテナンゴが販売するロス・ピリネオス農園はこちら
[PR]

by cafetenango | 2013-09-15 19:25 | エルサルバドル(コーヒー)
2013年 09月 09日

オロクィルタにププサを食べにいく

コンセホでカッピングを終えて、11時半にエルネストがププサを
食べに行こうとオロクィルタに連れて行ってくれた。
e0159435_13345898.jpg

ここは、米粉のププサ発祥の地として有名。(昔はトウモロコシの
粉で作ったものしかなかった)首都サンサルバドルからエルサル
バドルの国際空港に向かう途中にあり、ププセリア(ププサ屋さん)
が軒を連ねている。

フリホーレス・コン・ケソ(フリホーレス豆とチーズが入ったもの)を
1人3枚づつ頼んで、おばちゃんが売りに来たマラニョン(カシュー
ナッツ)を買って食べながら待つ。
e0159435_13353618.jpg


来た来た!ププサ。これを食べにエルサルバドルに来たと言って
も過言ではない!
e0159435_13342092.jpg


表面のサクサク具合と中のトロトロ具合が素晴らしい。
いくらでも食べたいが、実は結構おなかに溜まるので3枚が限界。

午後はコンセホに戻って、エルネストのロースト講義とカッピング
実習に参加。
e0159435_13355971.jpg

熱気ムンムンで(場所が狭いのもあるが)なんだか楽しい。みんな
真剣にコーヒーを学ぼうとしているのが良く分かる。

El Nombre de Dios(エル・ノンブレ・デ・ディオス)やLa Puente
(ラ・プエンテ)など農園関係者も
多く出席していたので、名刺交換をさせてもらった。こんな感じで
どんどん新しい農園とつながっていく。今度来た時には農園を見
せてもらおう。

授業が終わって外に出ると街路樹としてマンゴーの木が植えられ
ていたので、棒でたたき落としてマンゴーをほおばる。うまい!
日本で買ったら1個300円はするなこりゃ。

エルネストは近くにあるカットフルーツの屋台にいこうと言いだし、
色々なフルーツをみんなで食べた。
私はマンゴーを食べて満足していたが、パイナップルとギネオ
(バナナ)を食べた。どちらも甘い甘い。

その後宿に送ってもらう。エルネストはわざわざ旧市街をまわって
くれて、少しだけ観光することもできた。

出発前日にレストランで食事をしようと約束してその日は別れた。
[PR]

by cafetenango | 2013-09-09 13:46 | エルサルバドル(コーヒー)
2013年 09月 07日

コンセホ・サルバドレーニョ・デル・カフェ(2013中米出張)

エルネストが働いているコンセホ・サルバドレーニョ・デル・カフェに行く。
私が以前学校に通っていたときはサンサルバドル市内にあったが、今はサンタテクラに移った。
サンサルバドルのときは場所を借りていたらしく、テナント料を払うのがもったいないということで
現在は農業省の敷地内にこじんまりとある。

8時に宿に迎えにきてくれることになっていたが、9時になっても来ないので電話してみると「今
バルトロがそっちに向かっているよ」と言われたので、外に出てみるとコンセホのロゴを付けた
車が止まっていたのですぐにわかった。
バルトロに会うのは久しぶり。彼はローストとカッピングをやっているので、今年のCOEの話や
ローストに関しての話をしながらコンセホへ。途中でパンを買うと言うので、一緒に降りてエルネ
ストにお土産のパンを買った。マチュカもいるかなと思い彼の分も買っておいた。

施設内に入るとコンセホの隣にプロカフェもあった。現在プロカフェはほとんど機能していないら
しいが・・・。

エルネストにあいさつ。嬉しいなあ。

e0159435_1694474.jpg

マチュカも相変わらず元気そうだ。ホルヘ・エスコバル、ホルヘ・パカス、ロドリゴなど数年前まで
一緒に働いていた人たちは皆コンセホを去って、今は別の場所で活躍中らしい。


カッピングさせてくれるといって用意してくれたのは3種類。

チチョンテペックのEl Zarzal(エル・サルサル)パカマラ種、Los Pirineos(ロス・ピリネオス) 
パカマラ種そしてもう一つはどこの農園か忘れたけどブルボン種。

このブルボンは、Roya(さび病)の影響を受けたもので、エルネストが私の勉強の為に出してく
れたサンプルだ。クゥエイケル(未熟豆)の風味が強く出ていた。さび病で葉が落ちると実に栄養
が行かなくなり、一見赤く熟しているように見えるものも、中の種は熟していない状態で止まって
しまう。だから未熟豆のフレーバーがどうしても出てきてしまうのだそう。
エル・サルサルとロスピリネオスのパカマラ種はさすがといったところ。きちんとパカマラ特有の
フレーバーを持った良品だった。


その日はカップオブエクセレンスが終わり、コーヒー学校の授業が再開した翌日だった。
なのでエルネストはとても忙しそうだ。こんなときにカッピングまでやらせてくれて本当に感謝!
[PR]

by cafetenango | 2013-09-07 16:10 | エルサルバドル(コーヒー)
2013年 08月 22日

エル・レクエルド農園~サン・ホセ農園(2013中米出張)

フアユアのシャングリラ農園の次はアパネカにあるエル・レクエルド農園とサン・ホセ農園へ。

このエル・レクエルドとサン・ホセは、隣り合っている農園で一気に2農園を訪問できてしまう。

ここでもやはりさび病が発生して大変だったとのこと。今は再生に向けて綺麗に整えられているので、
これからまた素晴らしいコーヒーを沢山産出してくれるはずだ。

e0159435_1722574.jpg


ブルボン種がほとんどを占めているが、他の品種も少しあるという。パカス種をあまり評価していなかった
のが印象に残った。コスタリカのラ・カンデリージャ農園からゲイシャの種を分けてもらったのでこれから植
えると言っていた。パカマラも植える予定らしいのでこれからどんな新しい香味がでてくるのか楽しみ。
ぜひカッピングしたいものだ。



近くのレストランで昼食をとった後、ファン・カルロスが「ラグーナを見にいこう」と言うので連れて行ってもらう。

e0159435_1744528.jpg

エルサルバドルには結構たくさん綺麗な場所があるので、ヒマがあればゆっくりと観光したい。
ビーチも楽しそう、というか楽しいらしい。(宿の人が言っていた)

e0159435_1792655.jpg


その後、景色の良いところがあるからということで

e0159435_17112979.jpg

地平に山がボーンと置いてあるみたいなエルサルバドルにはよくある景色。こういうのを見るとエルサルに来
たなあと思う。

e0159435_17193470.jpg

これもエルサルらしい景色。後ろの山がワッフルみたいになっている。

コルティーナ・ロンペビエントといって、要するに防風の為に木をマスの目状に植えてその中でコーヒーを育て
るんですね。

それで手前に見えるトラックに積まれた白い袋の山は、肥料だそうです。納品予定日の前に着いてしまった為
置き場所が無いといっていました。

そんな感じでこの日はファン・カルロスと農園巡りと観光を楽しんだ。
このお礼は10倍返ししなくちゃ。
[PR]

by cafetenango | 2013-08-22 17:27 | エルサルバドル(コーヒー)
2013年 08月 08日

シャングリラ農園に行く(2013中米出張)

e0159435_163538100.jpg
【ファン・カルロスと店主かやぬま】
ファン・カルロス・グレッグと最初に会ったのは2008年のコンセホ・サルバドレーニョ・デル・カフェの
エスクエラ・デ・カフェ(珈琲学校)に通っていた時だった。一緒の授業を受けていたのか、たまたま
施設内にいたときに話したのか詳しくは忘れてしまったが、とにかくそのころから知り合いではあった。
2009年のカップオブエクセレンスの会場で再び会って、今度農園を見せてもらう約束をしてから4年。
やっと実現した。

朝8時に宿まで迎えにきてくれることになっていたが、いっこうに現れず、どうしたのかと思っていたら
宿の住所がわかりにくかった為、たどり着けなかったらしい。それで1時間くらい遅れたが農園に向け
て出発!!

ファン・カルロスはとても情熱的で、コーヒーの話題になると話すことが尽きない。とても面白い。
まずはフアユアというところにあるシャングリラ農園に行く。フアユアは、さび病が猛威をふるった場所
だと聞いていたが、やはりシャングリラも相当の被害を受けたよう。ここ最近は出品していないが、過去
にはCOE入賞もある有名な農園。

多くのコーヒーの木が葉を落としてしまい、現在はカットバックにより2本を残して切ってしまっている。

e0159435_16363995.jpg
【セミの抜け殻も】
e0159435_16372973.jpg
【農園内】
農園内をぐるっと歩いて、いろいろな説明を受ける。たまにアイフォンを取り出して木や葉の撮影。

e0159435_16375922.jpg
【成長を記録する】

本当にたくさんの被害を受けたが、今は農園再生に向かって動き出している。力を漲らせた緑の新葉
が美しかった。ファン・カルロスもこれからが楽しみだと非常に前向き。頼もしい。

シャングリラ農園の購入はこちら
[PR]

by cafetenango | 2013-08-08 16:51 | エルサルバドル(コーヒー)
2013年 08月 07日

予定が決まる

宿に着いてチェックイン。今はWifiがどこでもあって便利。
今回フェイスブックをつかってほぼ毎日写真をアップすることができた。
今まではよくネットカフェに行ってブログ更新などをやっていたので、山奥に
行ってしまうと何日も情報が途絶えてしまうことが普通だった。

中米のネット環境は年々良くなっているせいか、隆盛を誇ったネットカフェが
減少している。昨年のコスタリカではネットカフェを探すのが一苦労だった。
数年前までは360度ぐるっと見渡せばすぐにネットカフェの看板が目に入った
のに。

まあそんなわけで今回はとても楽チンだったし、皆さんにも最新の情報をお伝
えすることが出来た。

チェックインを済ませて、近くにあるメトロセントロというショッピングセンターに
行く。ここは中米で最も大きいショッピングセンターと言われ、今現在も拡大を
続けているらしい。
フードコートがいくつも入っているのでここで昼食。中華ファーストフード。お米
をほおばってちょっと落ち着いた。

宿に戻ってから電話、メール、フェイスブックを駆使して会いたい人に連絡して
みる。すると白紙だった予定表がすぐに埋まってしまった。

ああよかった。誰とも予定が合わなかったらビーチでも行ってのんびりしようか
と思っていたが、そんな暇もなくなった。

夜は宿の近くでププサを食べた。
フリホーレスとチーズの入ったのがやっぱり美味しい。
[PR]

by cafetenango | 2013-08-07 21:02 | エルサルバドル(コーヒー)
2013年 08月 06日

バスに乗ってエルサルバドルへ(2013中米出張)

グアテマラからエルサルバドルまでバスで移動。

ローカルバスを乗り継いでいくこともできるが、楽なのは国際バス。

今回はTICAバスを使っていくことにした。

朝の4時にアンティグアからシャトルバスで首都にあるTICAのターミナルへ。

ジュースを買って飲みながら6時の出発を待つ。サンドイッチやカップラーメン
も売っていたが、ここは我慢。

だって国境に着いたらププサ食べるんだから!それまでお腹すかせておかな
きゃ。

グアテマラシティからバスで5~6時間あればエルサルバドルの首都サンサルバド
ルについてしまう。とても近いので、気軽に移動できる。
初めて中米を縦断した時もこのTICAバスで国境を越えた。

その時は国境でスタンプを押してもらって滞在期間や目的地など色々と聞かれた。
スペイン語がよく分からず、とりあえず言われることに対して頷いていたら3日しか
ビザがもらえず慌てて出国した記憶がある。

中米はその後何回も訪れ、各国の国境を通過したが、エルサルバドルが一番厳し
かった記憶がある。

今はグアテマラ、エルサルバドル、ホンジュラス、ニカラグアの4か国は出入国の際、
スタンプ省略になり、通過しやすくなった。
ビザもこの4か国で合計3ヶ月は観光ビザで旅行できる。

しかし、長期滞在者にとってはビザ更新の際、メキシコかコスタリカに一旦出なけれ
ばならなくなったということだ。

その制度のおかげでニカラグア、ホンジュラス、エルサルバドルの3ヶ国に滞在して
いた私はビザが切れてしまったことがあった。

そのときは罰金を払って出国することができたが、パスポートにはその際の手続きス
タンプが大きく押されているので、いつも国境ではこれについてつっこまれはしまいか
とドキドキする。

そんな色々なことを思い出しながらの今回である。

とくに何の問題もなく通過。バスから一度降りて屋台にププサを買いに行く。

e0159435_1752368.jpg

ププサ3枚で1ドル。安い。でもサイズはちょっと小さめ。

ププサは、トウモロコシやお米の粉を練って、中にフリホーレスやチーズなどを入れた
エルサルバドルの国民食。道端のいたるところで売っている。

これをバスの中で食べるのが大好き。手で食べるからお手拭を持っていないと大変だ
けど。

朝6時にグアテマラシティを出発して、お昼前にはサンサルバドルに着いた。
ここからタクシーに乗って宿へ。

サンサルバドルに来たときはいつも使うところなので、宿の人とも顔なじみ。
私が珈琲の仕事をしていることも知っていて、毎朝ネルでコーヒーを淹れてくれる。
1ドルで。

さてここまで来たのはいいけれど、じつはこの時点では予定表は真っ白。これからみ
んなに電話しなきゃ。
[PR]

by cafetenango | 2013-08-06 12:00 | エルサルバドル(コーヒー)
2011年 02月 04日

ロス・ピリネオス農園

収穫真っ最中。

オーナーのギルベルトから写真が届きました。

e0159435_1665742.jpg


ロス・ピリネオス 購入はこちら
[PR]

by cafetenango | 2011-02-04 16:07 | エルサルバドル(コーヒー)
2010年 12月 10日

エル・ホコティーヨ農園

エル・ホコティーヨは、【El Jocotillo】と綴るので、エル・ホコティージョとも読むことができる。

ネットなんかをのぞくと、『エル・ホコティージョ』表記のほうが多いみたいだが、うちは『エル・ホコティーヨ』にしている。

なぜ?と言われるとうまく説明できないが、現地では『エル・ホコティーヨ』と発音するような気がするから。

語感というやつですね。

7を読むのに『なな』でも『しち』でもいいが、ここは『なな』でしょ!みたいな感じ。

それはさておき、この農園のオーナーアミルカールさんからメールが届いた。

ホコティーヨは、果物「ホコテ」のことで、このホコテの木をシェードツリーとして使っていることから農園名が
ホコティーヨになったという説明がCOEのページでされていたようだが、違うらしい。

農園名のホコティーヨは、農園のある地域一帯の名前に由来するとメールに書かれていた。

もちろん、農園のシェードツリーにホコテの木が使われていることは、間違いないらしい。

農園主と直接連絡が取れると、正しい情報が入るので他のコーヒー屋さんと差別化ができる。

ここが、カフェテナンゴの強みのひとつ。

シェードツリーには、ホコテをはじめとしてレモンやアボカド、ペペトなど様々な木が植えられていて、
それが味の複雑さを産む要因になっているようだ。

「エリートブルボン」と呼ばれるブルボンの優良種のみを育てるこの農園のコーヒーは、
カップオブエクセレンスで3年連続入賞中で、来年も入賞が期待されている。

当店で販売中なので、興味のある方はどうぞ

エルサルバドル 『エル・ホコティーヨ農園』 エリートブルボン種
[PR]

by cafetenango | 2010-12-10 18:07 | エルサルバドル(コーヒー)
2010年 11月 23日

エル・ホコティーヨとロス・ピリネオス

今日、深沢店に来てくれたお客さんには、エル・ホコティーヨ農園とロス・ピリネオス農園の飲み比べをしてもらった。

どちらもエルサルバドルのコーヒー農園だが、所在地は東と西で大きく異なる。

西のアパネカ=ヤマテペック山脈の北の斜面にあるのがエル・ホコティーヨ農園。(エル・ホコティージョとも読める)
この農園は、昨年のカップオブエクセレンスで2位に入賞して、日本のロースターが落札しているので、名前だけは知っている人もいるかもしれない。

一方で、ロス・ピリネオス農園は、今年のCOEで7位にパッカマラ種、30位にブルボン種が入賞している。
東のテカパ地区では、有名な農園。

今年だけでなく、何度かCOEには入賞していて、特にパッカマラ種は有名。
去年は、エルサルバドル国内のレインフォレストアライアンス認証を持つ農園を集めておこなったカッピングで一位。

2009年にこのロス・ピリネオス農園に訪問。
そのときにみせてもらった区画のブルボンが今年の30位入賞ロットになった。
山の山頂にある日当たりのよい区画で、よく覚えている。

ロス・ピリネオス農園訪問については、カフェテナンゴHPのコーヒー研究室の中の『出張報告』を見てほしい。

エルサルバドル テカパの出張報告はこちら
エル・ホコティーヨ農園のオーナーのアミカールさんからメールが届いた。
これからも連絡を取り続けられる関係を築きたい。

エル・ホコティーヨ農園の商品ページはこちら
[PR]

by cafetenango | 2010-11-23 19:32 | エルサルバドル(コーヒー)