『世田谷コーヒー宣言』 スペシャルティコーヒー専門店カフェテナンゴの公式ブログ

cafetenang.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2009年 02月 27日

レオンで再会

ソペスカを出発して、レオンに到着。

ここでペルーで別れたロマンと合流予定。

グアテマラを出発したはずのロマンは到着予定日になっても来ない。

1日遅れてやっと到着。ホンジュラスでバスに乗り遅れたとのこと。国際バスは一日1本しか出ないことが多く、乗り遅れたら次の日まで待たなければならない。

なんとかうまく合流できて、すぐに次の日の朝早くにマナグアに向けて出発。

次からコスタリカ編に入ります。
[PR]

by cafetenango | 2009-02-27 23:02 | ニカラグア(コーヒー)
2009年 02月 23日

最終日

ソペスカに来て、色々なことを学びました。

ここを出発して、もう一度レオンに戻り、ペルーで別れたロマンと合流します。

2~3日前から体調が悪く、胃がもたれていました。

さあ、無事にロマンと合流できるでしょうか???
[PR]

by cafetenango | 2009-02-23 22:01 | ニカラグア(コーヒー)
2009年 02月 22日

年越し

ニカラグアで年を越す。

海外で年を越すのは2度目。前回はハンガリーのブダペストで新年を迎えた。

雨がパラパラ降っているにも関わらず、花火や爆竹が鳴って、とても騒がしい。日本のお正月とは全く違っている。

朝になると、お店というお店のシャッターは全て閉まり、人もほとんど歩いていない。朝食を食べたくてもどこも開いていない。これは予想していたので、パンとオレンジジュースを買って置いた。

あまりにもやることがなく、昼寝をして起きたら、雨と風で外は大荒れ。
[PR]

by cafetenango | 2009-02-22 23:03 | ニカラグア(コーヒー)
2009年 02月 20日

Selva Negra(セルバ ネグラ)

セルバネグラはニカラグアで有名な農園です。

マタガルパからヒノテガに行く途中にあります。初めてニカラグアに来た時に行きました。

その当時はスペイン語がほとんど分からなかったので、タクシーをチャーターして行った記憶があります。
今は、バスを乗り継いでいけるので楽です。

ドイツ系の人が経営しているとても大きな農園です。中に教会や学校、病院など設備が整っていて、労働者が住んでいます。

農園内にホテルがあり、農園ツアーもやったりしています。
[PR]

by cafetenango | 2009-02-20 18:58 | ニカラグア(コーヒー)
2009年 02月 19日

コーヒー摘み取りというお仕事(ニカラグア)

Cortador(コルタドール)とかRecorectador(レコレクタドール)というのがコーヒーの実を摘み取る労働者のこと。

中米では摘み取りの仕事は朝6時から始まって、お昼過ぎ2時に終わるというのが一般的です。標高が低く、暑い地域では、午前中で終わりにしてしまうとこともあるようです。陽が高く昇ってしまうと暑くて仕事どころじゃないということです。

お腹が空けば、コーヒーと一緒に植えてあるバナナやオレンジなどを食べて、お昼ごはんは食べさせてくれたりします。そして1日140コルドバから熟練の人なら160コルドバくらい稼ぐそうです。

19コルドバが1ドル(米)ですから、1日摘み取って7~8ドルというところでしょうか。

もちろんこれはほんの一例であって、すべての労働者が同じような条件で働いているわけではありません。

しかし、最近は政府が最低賃金を上げたり、子供が働かされないように農園を巡回したりと労働条件の改善を図っているので、以前よりずっとよくなったと聞きました。


写真は摘み取ったコーヒーの実の果肉を取って、洗ったのちパティオで天日乾燥しているところ。
e0159435_118049.jpg

[PR]

by cafetenango | 2009-02-19 11:10 | ニカラグア(コーヒー)
2009年 02月 18日

ヒノテガの街のようす

宿の向いはガソリンスタンド。

朝から大きなトラックが止まって、その荷台にたくさんの若い男が乗っている。

これからコーヒーの摘み取りに行くものと思われる。

この街にはつぶれた映画館がある。
なぜつぶれたのか?採算があわなかったのではない。

館内で上映中のマナーが悪く、喧嘩やもめごとが絶えなかった為、経営者がやめてしまったのだそうだ。

いつも夕食を食べている食堂のとなりにはカラオケバーがある。

一度だけソペスカのおじさんに連れられて入ったことがある。

めちゃくちゃ下手な歌をみんな平気でうたうので、嫌になった。
歌の載っている本を渡されたが、歌える歌はなかったので、断った。

当然通信カラオケではないので、歌の数は少ない。
[PR]

by cafetenango | 2009-02-18 12:01 | ニカラグア(コーヒー)
2009年 02月 17日

カッピング

12月のニカラグアは収穫真っ最中だ。
それゆえにまだ良い豆がたくさん集まってくる時期ではない。
1月2月のほうが良質の豆がカッピングできる。

毎日のようにカッピングするが、Santa Maria 、Arlen Siu、 San Jorgeという地域のものが多い。同じ国の同じ地区の同じ地域の農家の豆は味がものすごく似ていて、高度なカッピングになる。

コスタリカのリカルド(ラ・カンデリージャ農園主)からメールが来た。
ICAFE(コスタリカのコーヒー機関)でカッピングさせてほしいと頼んでいたのだが、
Deli cafe(デリカフェ)という輸出業者のラボでカッピングさせてくれるとのこと。


ヒノテガの空の様子。上の雲と下の雲で色が違う。
e0159435_13193687.jpg

[PR]

by cafetenango | 2009-02-17 13:20 | ニカラグア(コーヒー)
2009年 02月 15日

Beneficio humedo(ベネフィシオ ウメド)

中米ではコーヒーの精製所のことをBeneficioといいます。

摘んできた実の果肉を除去して、発酵槽でヌメリをとって、洗うことが主な業務の精製所を
Beneficio Humedo(ベネフィシオ ウメド)といいます。
これに対し、洗った豆を乾かしたり、脱穀したり、麻袋に詰めたりする精製所は、
Beneficio seco(ベネフィシオ セコ)といいます。

午後から新しいBeneficio humedoのオープニングセレモニーがあるというので、お昼ごはんを早めに食べて、バスに乗って山奥に行った。

テントとイスが並んで、中央にステージが置かれている。人はたくさん集まっていた。

ファティマ(ソペスカ代表)が挨拶をした後、生演奏やダンスなどいろいろな催し物があった。

Nacatamal(ナカタマル)とパンがみんなに配られた。ナカタマルとはニカラグアの『国食』。(というんだろうか?)要するに、ニカラグアを表象する食べ物なんだそうだ。

トウモロコシの粉にラードなどと一緒に練って、トウモロコシやバナナの皮で包んで蒸す。中身の具に肉などが入ったもの。

新しいBeneficioは環境に配慮されたもの。排水で水源を汚さないように、3つの濾過槽がついている。

赤い実だけを摘んで、精製所に運びます。写真はニカラグアのカツーラ種
e0159435_18242573.jpg

[PR]

by cafetenango | 2009-02-15 18:25 | ニカラグア(コーヒー)
2009年 02月 14日

ヒノテガの宿

ヒノテガには宿がいくつもある。やっぱり安い宿はそれなりの設備しかない。
窓がなく、ベッドしかない独房のような(独房に入ったことはないが)ところもたくさんある。

いくつか泊った結果、最近はHotel Central(ホテルセントラル)に泊まることにしてる。
1泊10ドルくらい。部屋は清潔でシャワーはお湯が出る。テレビがあって、毎日シーツを取り換えてくれる。なんだか日本では当たり前のようなことばかりだが、このような条件が揃っている部屋に泊まるにはこっちではそれなりのお金を払わないといけない。

宿の向いには小さいTienda(ティエンダ・・・お店)とコメドール(食堂)があって便利。そのとなりにはカラオケバーもある。

このティエンダではコーヒーカップで売っていて3コルドバで飲める。19コルドバが1ドルだから、安い。1ドル出せば6杯飲める。

プラや紙のコップではなく、ちゃんとした器で出してくれる。

しかし、水道の設備がないため、カップを洗うのはバケツに溜めた水の中につけるだけ。

それでも安いので毎日飲んだ。

砂糖を必ずスプーン2杯強制的に入れられるけど、飲んだ。

とにかくコーヒーならなんでも飲んだ。

写真はそのお店。とてもカップでコーヒーを売っているとは思えない。毎朝この店でコーヒーを飲みながら、パン(これも安い)をかじるのが好きだった。
e0159435_2091944.jpg

[PR]

by cafetenango | 2009-02-14 20:09 | ニカラグア(コーヒー)
2009年 02月 12日

カッピング

ソペスカには会員の農家からたくさんのサンプルが集まってくる。

それをすべてカッピングするのだから大変。点数をつけて、データはパソコンに保存される。

同じエリアの農家違いのサンプルが並ぶと評価するのは、困難を極める。

ほとんど差がないというのが正直な感想。それでも、微妙にいいもの、わるいものがあって、点数をきちんとつけていかなければならない。

ソペスカのカッパーハビエルと点数を比べると、自分のは明らかに総合点数が低い。
これは初めての場所ではありがちなことで、どのような味に対して何点をつけるかは、その場その場での基準があるので、それを知らないと点数が低すぎたり、高すぎたりしてしまう。

なので、カッパーが集まってカッピングするときには必ず点数のすり合わせが必要になる。
[PR]

by cafetenango | 2009-02-12 10:08 | ニカラグア(コーヒー)