『世田谷コーヒー宣言』 スペシャルティコーヒー専門店カフェテナンゴの公式ブログ

cafetenang.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2009年 04月 22日

アンティグアのコーヒーツアー

アンティグアからは2つの農園にいけるツアーがある。

ひとつはフィラデルフィアという農園。もうひとつはアソテアという農園。

どちらも旅行会社に行けば、申し込める。

アティトランでも2つの農協がコーヒーツアーをやっている。

アティトラン地区は小生産者がほとんどで、湖の周りには1つしか農園がない。
そのほかのすべては小生産者ということになる。

収穫期には、道のいろいろなところにコヨーテがいて、コーヒーチェリーを買っている。

コヨーテというのは、コーヒーを買い取る仲買人のこと。

インテルメディアリオというんだが、この中には悪いやつらがいて、秤に細工をして本来支払うべき金額を
農家に払わない業者もいるんだそうだ。

あとは、コバン地区やサンマルコス地区でもコーヒーツアーをやっているところがある。

探すと結構あるもんだ。

初めてグアテマラに行って農園を見るという人は、こういうツアーを利用してもいいと思う。
実際自分も最初はこのようなツアーを利用した。

今は、自分で見たい農園を好きなときに行くということができるようになった。
今日は、アンティグアのサンセバスチャン農園に行ってきた。

雑誌コヨーテやTV番組「旅サラダ」などにも出てきた超有名農園。
帰国後に詳しい報告をするつもりなので、お楽しみに。
[PR]

by cafetenango | 2009-04-22 07:08 | グアテマラ(コーヒー)
2009年 04月 21日

レモンとメロン

グアテマラでレモンの色というと「みどり」だ。

レモンジュースというと、日本人なら黄色の液体を想像するが、ここでは緑の液体がでてくる。

理由は簡単。ここのレモンは緑色だから。

日本で緑色のジュースがでてきたら、何味だと思うだろう?

ほとんどの人は「メロン味」だと判断すると思う。

しかし、ここグアテマラでは緑色は「レモン味」。

あれ?じゃあメロンといえば何色なの?と思うだろう。

メロンの色は、オレンジっぽい色。
茶色というかオレンジというかそんな感じの色。要するに中の果肉部分の色。

ニカラグアでピーニャ(パイナップル)のジュースが売っていたが、色はピンクだったっけ。
あれは、なぜだかまったくわからなかった。現地の人に聞いても、理由はわからず・・・。
[PR]

by cafetenango | 2009-04-21 07:08 | グアテマラ(コーヒー)
2009年 04月 20日

ドニャ ルイサ

グアテマラのアンティグアには、旅行者なら誰でも知っているカフェがある。

それは「ドニャ ルイサ」。

コーヒーもいろいろな種類があって、値段も安く、楽しめる。
私はここのカフェコンレーチェが大好き。

今日は、久しぶりに行ってきた。

相変わらずたくさんのお客さんで賑わっていた。顔見知りのウエイトレスが何人かいて、
「いつ戻ってきたんだい?」「元気だった?」とみんなに声をかけられた。

コロニアル建築の店内はテラス席がもっとも気分がいいので、空いていれば必ずテラスに座る。

雨季になると、午後には雨が降るので、コーヒーを飲んでいる途中に雨にやられることもしばしば。

アンティグアを訪れたときには、ぜひここでコーヒーを飲むことをお勧めする。
[PR]

by cafetenango | 2009-04-20 09:26 | グアテマラ(コーヒー)
2009年 04月 19日

アンティグアカフェ情報

アンティグアにはたくさんのカフェテリアがある。

ほとんどは外国人観光客向け。こっちでは、カフェでコーヒーを飲んで休憩という文化がなかったが、
観光客の文化がだんだん浸透してきて、カフェでお茶(コーヒーだが)するということも珍しくなくなったとか。
しかし、ほとんどのカフェは現地の人には高すぎて、めったに利用はしないみたいだ。

外国人向けカフェは、エスプレッソマシンがあって、カプチーノを提供するところが多く、
ペルコラドーラ(パーコレーター)を使ったコーヒーを出すところは少ない。
カップではなく、グラスで提供されることも多く、カネラ(シナモン)がかかっていることも多い。

カプチーノを作っているのは、現地の人なので、はっきり言ってレベルは高くない。
あまり飲んだことのないものを作るのだから仕方ないといえば仕方ない。
だけど、グアテマラシティのカフェなんかに行くと、日本のそこいらのカフェで飲むより格段においしい
カプチーノが出てくることもある。エルサルバドルの首都サンサルバドルもそうだが、
きちんとした知識のあるバリスタがいるお店で飲むとすばらしいものが飲める。

使っているコーヒー豆といえば、アンティグアのカフェといってもアンティグア産を使っているところは、
ほとんどない。高くて使えないし、輸出向けのグレードは、ほとんど現地では出回らない。

アンティグアでアンティグア産の豆を使っているカフェは、知っている限り3店舗のみ。
まあ、現状では使う豆の品質を上げるよりも、抽出技術を上げるほうがいいと思う。

日本でもきちんとしたエスプレッソやカプチーノを提供できるお店は少ないのだから、
難しいとは思うけど・・・。
[PR]

by cafetenango | 2009-04-19 05:29 | グアテマラ(コーヒー)
2009年 04月 18日

アンティグア

さっきアンティグアに着いた。いままで、ウエウエテナンゴで農園と共同組合を見てまわっていた。
ウエウエテナンゴでもコーヒーは減産だったようだ。

アカテナンゴの農園「LA PAMPA」のマリオさんと知り合いになって、ウエウエから車で乗せてきてもらった。
とはいえ、アンティグアまでではなく、近くまでだったので、バスを乗り継いでアンティグアまで来た。

もう何度目かわからないくらい来ているので、ここに着くと安心する。

スーツケースを持ったまま、ネットカフェに入って、これを書いている。

これからいつもお世話になっている、以前ホームステイしていた家に行くことになっている。
[PR]

by cafetenango | 2009-04-18 09:14 | グアテマラ(コーヒー)
2009年 04月 11日

中米出張

前回の旅行記が終わらないうちに、中米出張になってしまった。

このブログとHPの店長日記で、中米滞在の様子を出来る限り伝えていくつもり。

ただ山奥でネット環境がなかったり、あったとしても日本語がうてなかったりすると更新できない。

今までの旅行記はここでいったん終了にして、これからは前回、前々回などの滞在のことなどを含めて、
現地滞在というテーマで不定期に書いていこうかと思っている。

そのほうが、途中から見る人も分かりやすいと思うし、書きたいと思ったときに書けるので、ラクになる。

エルサルのカフェ ドラゴンを描いてくれた

e0159435_19184219.jpg

[PR]

by cafetenango | 2009-04-11 19:19 | エルサルバドル(コーヒー)
2009年 04月 11日

エルサルバドルのカフェ

いわゆるシアトル系というのが一つある。

The coffee cupというチェーン店。

当然カプチーノやラテを主力としている。コーヒー感があまりなく、ほとんどミルクの味。

しかし、こういうチェーンは他にないので、売れている。

他で飲むコーヒーに比べると値段が高い。

e0159435_18413369.jpg

[PR]

by cafetenango | 2009-04-11 06:22 | エルサルバドル(コーヒー)
2009年 04月 10日

コーヒーの学校

ロースト、カッピング、バリスモという3つのコースがある。

初心者から上級者までのコースに別れている。

朝から夕方まで毎日やるとさすがに疲れる。

この内容はまた別の機会に書くことにする。

エルサルバドルでは、カップオブエクセレンスに参加した。

国内予選からの参加は、おそらく日本人初だと思う。通常は国際審査員として参加するだけだ。

国内予選は国内カッパー(エルサルバドル人)だけで行われる。オブザーバーとしてだが、
ここに参加できたのは良い経験になった。

毎日5時起きで、バスに乗って会場まで通った。

国際審査は、ものすごく忙しくて、日記がそこだけ空白になっている。

授業の様子


e0159435_1842462.jpg

[PR]

by cafetenango | 2009-04-10 23:24 | エルサルバドル(コーヒー)
2009年 04月 06日

ヨーロッパのカフェ巡り

10年前にヨーロッパに行ってカフェ巡りをしていた。

スペインから入って、ポルトガル、フランス、ドイツ、オランダ、ベルギー、イギリス、アイルランド、デンマーク、スウェーデン、スイス、チェコ、ハンガリー、オーストリア、イタリアを周って、コーヒーを飲みまくった。

そのときに出逢った人が昨日cafetenangoに来てくれた。

ハンガリーのブダペストの日本人宿「テレサハウス」で逢って以来10年ぶりの再会。

なつかしかった。
[PR]

by cafetenango | 2009-04-06 23:26 | その他
2009年 04月 04日

pupusa(ププサ)

pupusa(ププサ)というのはエルサルバドルでよく食べられているトルティージャに肉や野菜などを入れた食べ物がある。

私はこれが大好きで、一日一回は食べていた。

屋台で売っていて、1ドルで3枚買えます。とても安くておいしい。

手でこねて、鉄板でそのまま焼きます。お金を扱う手とこねる手が一緒なので、衛生的に少し心配だが・・・。

pupusa(ププサ)にはトウモロコシで出来たものと、お米で出来たものがある。

お米で作ったほうが、好み。

だいたい一緒にコーヒーを売っています。ヤカンに入れて鉄板の上に置いてある。

このコーヒーは、薄くて酸化した味がするのが普通。

学校に行く途中にpupusa(ププサ)を買って、学校の無料コーヒーを飲みながら食べるのが大好きだった。

学校のコーヒーは、巨大なパーコレーターでゴボゴボと煮出したもので、結構おいしい。砂糖を入れて飲むとさらにおいしい。エスプレッソマシンもあるので、よくカプチーノを作って飲んでいた。
[PR]

by cafetenango | 2009-04-04 19:59 | エルサルバドル(コーヒー)