『世田谷コーヒー宣言』 スペシャルティコーヒー専門店カフェテナンゴの公式ブログ

cafetenang.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2009年 06月 30日

ニカラグアのカフェ

ニカラグアの首都マナグアには「カサ・デル・カフェ」という有名なコーヒー店がある。

ここに初めて行ったとき、日本大使館の人と一緒だった。

強盗に遭って、本当にお金がゼロだったので、前の日から水も食べ物も口にしていなかった。
大使館で対応してくれた人が、「おなかすいてるんでしょ?」といってカサ・デル・カフェに連れて行ってくれた。
とても親切な人だった。日本に帰ってからお礼にコーヒーを送った。

お客さんは外国人が多く、マナグアに駐在している人達らしかった。観光客らしき人たちも結構いた。

価格は高いので、現地の人は使えないということか。
[PR]

by cafetenango | 2009-06-30 18:43 | ニカラグア(コーヒー)
2009年 06月 29日

ホンジュラスのクーデター

ホンジュラスでクーデターがあったらしい。
中米あたりではクーデターによる政権交代はめずらしくはない。
この前は地震があったばかりだし、色々と続きますね。

地震ではカップオブエクセレンスの2ロットがダメージを受けたとかで、オークションにかけられなくなった
という。豆を保管していた倉庫が壊れてしまったのか何なのかよく分からないが、せっかく
インターナショナルまで残ったのに、生産者はかわいそう。

ホンジュラスにあるチェーン店のラテ

e0159435_1675868.jpg
[PR]

by cafetenango | 2009-06-29 16:08 | ホンジュラス(コーヒー)
2009年 06月 28日

タイム・フォー・ブランチ(Time for brunch)

1か月くらい前に取材があったJ-WAVEのタイム・フォー・ブランチ(Time for brunch)という
モデルのはなさんがパーソナリティをしている番組で
今日カフェテナンゴが放送された。

エーダンモール深沢にあるアメリカンレストラン「パルメット」、ケーキ屋さん「パティスリーナオキ」
そして最後にカフェテナンゴという順番。もしかして「カットされてしまったか?」とドキドキしていたが、
ちゃんと紹介されてよかったよかった。

深沢特集なのでブレンド「Fucasawa(フカサワ)」を試飲してもらっての感想などが放送されていた。
取材ではフカサワを使ったアイスオレやコーヒーゼリーも試食してもらって、大好評だった。

聴き逃した方はこちらの番組HPで取材時の写真を見ることができる。
http://www.j-wave.co.jp/original/timeforbrunch/
ちなみに『どうしても放送が聴きたい!』という方は深沢店で聴くことができますよ。
なぜなら、いつも豆を買いにきてくれる常連さんが今日の放送をCDに録音して持ってきてくれたから。
   
!!CDありがとうございました!!


e0159435_16455622.jpg
[PR]

by cafetenango | 2009-06-28 16:47 | その他
2009年 06月 26日

ホテル テキサス

ウエウエテナンゴに滞在するときは、La democracia(ラ・デモクラシア)に泊まるのが便利だ。
ここからは色々な農園にアクセスすることができる。

ここに滞在するときは、いつもテキサスというホテルに泊まる。

今回もここに泊まることにした。

幹線道路沿いにあり、ガソリンスタンド、商店、レストランと一緒になっているので便利だ。

1泊75ケツァール。シャワー、テレビ、扇風機つき。

ここからは、歩いてアナカフェの事務所に行くことができる。
[PR]

by cafetenango | 2009-06-26 20:54 | グアテマラ(コーヒー)
2009年 06月 23日

アナカフェの地方事務所

グアテマラのコーヒー協会「アナカフェ」には、幾つかの地方事務所がある。
少なくとも各地域に1つはあるが、ウエウエテナンゴは一番多い。
それだけ広く、山深く、インフラも発達していないからだと思われる。

たとえば、道が良ければ、何か会議があるときでもすぐに1ヵ所に集まって行うことができるが、
道が悪く、みんながすぐに集まれなければ、いくつかの事務所を作って、近場であつまるしかない。

数あるウエウエテナンゴの事務所をまとめている本部が、ウエウエテナンゴのバス停近くにある。

ここには友達がいるので、1年ぶりの挨拶をしに行った。

これからデモクラシアに行くと言ったら、バス停まで車で送って行ってくれた。

e0159435_1174479.jpg

















アナカフェのウエウエテナンゴの事務所
[PR]

by cafetenango | 2009-06-23 11:10 | グアテマラ(コーヒー)
2009年 06月 21日

ウエウエテナンゴ

ウエウエテナンゴはメキシコと国境を接するグアテマラの北に位置する県だ。

朝6時のグアテマラシティ発のバスに乗って、お昼頃に着いた。スーツケースを持って歩くと
かなり目立つ。横を通り過ぎるタクシーの運転手が必ず声をかけてくる。
脇目も振らずに以前泊まったことのあるホテルに行く。
ここにはレストランがあるので、昼食をとることにした。

Pollo(鶏肉)を注文した。
『ところで今何時なんだろう?』と思い、バッグの中の時計を探した。

はて?時計が見当たらない。

じゃあ、携帯で時間を見ようと携帯を探す。

はて?携帯も見当たらない。

ではでは、デジカメの時計で時間を見ようとデジカメを探す。

妙にバッグの中がすっきりとしていることに気が付く。

「ない!デジカメもない!」

貴重品が何もない。サングラスまで無くなっていた。

バッグを網棚に載せたまま眠ってしまったのがいけなかった。

スリと置き引きの中間みたいなやつにやられた。

パスポートだけは残されていた。
[PR]

by cafetenango | 2009-06-21 23:21 | グアテマラ(コーヒー)
2009年 06月 18日

4月の出張

今回のグアテマラ出張では久しぶりに首都グアテマラシティに1泊することにしていた。

飛行機が22時近くに着くし、次の日すぐにウエウエテナンゴにバスで行く為、首都での宿泊が一番
便利と判断。

「パトリシア」というゲストハウスが空港のすぐ近くにあり、無料で空港に迎えに来てくれる。
メールで部屋を予約しておいたので、空港に来てくれているはずだった。

どきどきしながら、出口を出ると、「yoshiyuki」と書いた紙を持った女性がいた。
近づいて挨拶をするとびっくりしているので、理由を聞くと、「女性だと思っていた」とのこと。

どこでどう判断して「女性」だと思っていたのかは不明だが、とにかく宿に連れていってもらった。

部屋は窓がないが、清潔。シーツもきれいで飲料水も用意されている。

部屋の鍵をもらっていなかったので、「部屋の鍵をくれ」というと、
「もう合い鍵がないから・・・」といって渡したくない様子。

他に宿泊者はいないがやはり不安なので鍵をもらって部屋へ。

乗継ぎを含めて20時間の移動だったので、疲れがピークに達していた。
[PR]

by cafetenango | 2009-06-18 13:40 | グアテマラ(コーヒー)
2009年 06月 17日

マラゴジペ

マラゴジペというコーヒーの品種がある。

スペイン語では「マラゴヒペ」になる。特徴はとにかく『大粒』。
そして、チョコレートのような香りがする。

ニカラグアにマタガルパというコーヒーの産地がある。
私がホームステイしていたところで、大好きな場所。
ホストファミリーはグアヌーカというメルカド(市場)の近くにある。

毎日、停電と断水に悩まされながらもコーヒー農園に行ったり、お祭りで踊ったりと
楽しく過ごした。

『マタガルパのコーヒーを日本で売りたい』そう思ってからもう4年が経とうとしている。
しかし、やっと実現できそうだ。

今週末くらいから深沢店で販売開始できると思う。
ネットでは来週くらいからできるかどうか。

この豆はぜひ一度試してみて欲しい。
[PR]

by cafetenango | 2009-06-17 19:21 | ニカラグア(コーヒー)
2009年 06月 11日

コスタリカのカップオブエクセレンス

コスタリカのカップオブエクセレンス2009のオークションが本日行われます。

先日、すべてのロットをカッピングしてきました。
チョコレートのような甘く香ばしい香りと赤い果実の熟した感覚が混ざり合った、素晴らしいものに
出会えました。

購入できれば、販売したいと考えています。

コスタリカはカンデリージャしか扱っていないので、今年は他のものも使ってみたいと思っています。

e0159435_19131198.jpg

カンデリージャの風景

[PR]

by cafetenango | 2009-06-11 19:14 | コスタリカ(コーヒー)
2009年 06月 07日

カップオブエクセレンス 

今年中米では初めてのCOEのオークションがエルサルバドル。今年のエルサルバドル1位はエル・トパシオ農園。
パッカマラ種のロット。

最近このパッカマラという品種は注目を集めている。パカス種とパッカマラ種を掛け合わせて「パッカマラ」。

カッピングをすると、コメントには「グアヤバ」や「マメイ」など中米ならではのフルーツの他、
「チョコレート」「モモ」などが並ぶ。この品種ならではの「タマネギ」というコメントもよくある。

高い評価を得るパッカマラは『チョコレート』と『フルーツ』が入り混じって、独特のフレーバーを持っている。
そして、あまり評価されないのが『タマネギ』のフレーバーが強く出すぎているもの。

とても複雑なフレーバーをもつ不思議な品種で、グアテマラなどでも植える農園主が増えている。

今年のグアテマラCOEの1位はまたもやエル・インヘルト(ウエウエテナンゴ)のパッカマラ種。
去年に続いて2年連続の1位獲得。

去年はポンド80ドルという超高値がついて話題になったが、今年はどうなるのか?
いまからオークションが楽しみだ。
[PR]

by cafetenango | 2009-06-07 22:36 | エルサルバドル(コーヒー)