『世田谷コーヒー宣言』 スペシャルティコーヒー専門店カフェテナンゴの公式ブログ

cafetenang.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2010年 02月 28日

ジャバニカ種【エル・リモンシーヨ農園】

ブルボンやらカツーラやらと色々な品種がコーヒーにはありますが、ジャバニカというのを聞いたことがあるだろうか?
3月の新商品として投入するのは、ニカラグアの超希少品種ジャバニカ。(現地ではスペイン語なので、「ハバニカ」と発音します)

この品種は、エチオピア起源のロングベリー系で、豆の形が細長い。一度ジャワ島に持ち出されて栽培され、その後ニカラグアに渡ったので、
「ジャワ」と「ニカラグア」で『ジャバニカ』と呼ばれている。

どんな味がするのか?

特徴的なのが、リモンシーヨの名のとおり『レモン』のような感じを受ける。
(エル・リモンシーヨとはスペイン語で小さなレモンといった意味。農園にレモンが自生していたことからこの名前が付けられたとか)

煎り具合はシティローストなので、酸味が多くすっぱいわけではなく、柑橘系のさわやかな感じがするので、ちょっと大げさにレモンと言っているだけ。
あとは、アフリカのエチオピアが起源ということで、アフリカらしい、『黒コショウ』のような香りを感じることができる。

めったにお目にかかれるコーヒーではないので、一度味わってみる価値あり!

エル・リモンシーヨ農園【ジャバニカ種】の購入はこちら
[PR]

by cafetenango | 2010-02-28 18:27 | ニカラグア(コーヒー)
2010年 02月 27日

今月のおすすめセット

先週、パソコンの調子がおかしくなり、修理に出した。

バックアップしていなかった画像やデータの消失を心配していたが、無事に戻ってきた。

今度はHDに保存してたり、CDに焼いたりして対策をとっているが、データとは「はかないもの」だと思った。

WEBの中に入れておくのも一つの保存対策だと思い、今までの「今月のおすすめセット」の原稿をUPすることにした。

この原稿は、『おすすめセットを買った人だけの特典』として購入者のみに配られたもの。

農園情報や飲み比べの際の注意点など、ネットショップとは違ったことが書いてある。

UPしたのは、2009年の7~9月の3回分。

順次UPしていく予定なので、たまにチェックして、豆選びの参考にしてほしい。

過去のおすすめセット原稿はこちら
[PR]

by cafetenango | 2010-02-27 23:48 | その他
2010年 02月 24日

コーヒーの品質

深沢店の近くに魚屋が新規開店。
住宅街に突如現れたので、周りの人達もびっくりしている。

しかし、まわりに魚屋は少ないので喜ばれているよう。宅配もしてくれるので、便利だ。

最近は消費量が減っているものの、魚は日本人にとって馴染みがあり、「良し悪し」を判断できる人は多い。

一方で、コーヒーの品質となると一口飲んで「良し悪し」を判断できる人は非常に少ない。
おいしいかまずいかは個人で判断できるが、品質グレードが良いのか悪いのかは、それなりの知識とたくさんのコーヒーを飲んだ経験がないと難しい。

コーヒーは、根気良く商品の説明をして、品質の高さを分かってもらえる努力をしていかなければいけない。
[PR]

by cafetenango | 2010-02-24 19:23 | その他
2010年 02月 12日

エル・インヘルトの焙煎機

ウエウエテナンゴの『エル・インヘルト農園』のアルトゥーロから、アメリカに注文していたディードリッヒが届いたとメールがあった。

写真を見たらカフェテナンゴのより大きいサイズのディードリッヒが・・・。あんな山奥まで運ぶのはさぞかし大変だっただろうに・・・。


しかし、ガスの調子が悪いらしくうまくいかないとのこと。釜が温まるまで1時間以上かかるらしい。
それはいくらなんでも異常だ。

標高が高いのでうまくガスが燃焼しないのかと思ったが、以前あった焙煎機はガンガン動いていたので、それが原因ではなさそう。

温まらないということは原因はガス関係。詳しく見ていないのでなんとも言えないが、もう少し情報が欲しいところ。

今年は現地に焙煎指導をしに行こうと思っているので、焙煎機が使える状態になっていて欲しい。

e0159435_151425.jpg

[PR]

by cafetenango | 2010-02-12 15:14 | グアテマラ(コーヒー)
2010年 02月 11日

ニカラグアのカッピングラボ

ニカラグアに行くと毎回訪れるのがソペスカという農協。
ここにはカッピングルームがあり、ヒノテガ(ソペスカがある県)のコーヒーが集まってくる。

行くたびにカッピングをさせてもらうのだが、ここのカッピングはとても難しい。
国や地域が違うコーヒーは違いが分かりやすのだが、同じ国、同じ地区の同じ品種のコーヒーの違いを比べるのはレベルの高いカッピング能力を必要とする。

点数だけではなく、必ずコメントも書かなくてはいけないので、表現力も必要になってくる。

去年は行けなかったので、今年の出張では行こうと思っている。

写真は、カッピングラボで働いているウィルメルと私

e0159435_1926478.jpg

[PR]

by cafetenango | 2010-02-11 19:27 | ニカラグア(コーヒー)
2010年 02月 08日

カップオブエクセレンス入賞豆 ロス・ピノス

ホンジュラスのサン・ペドロ・スーラには、コーヒーの輸出業者がたくさん集まっている。とても暑いところだが、コパン遺跡へのアクセスの関係上多くの観光客が訪れる場所だ。

中米にいた頃、3週間ほど滞在してホンジュラスコーヒーの勉強をしていた。その時に毎日カッピングしていたのは、スペシャルティコーヒーではなく、一般的なグレードのもの(SHBなど)だったので、あまり良いものに出会わなかった。

日本ではあまり良質のホンジュラスコーヒーは手に入らないので、ずっと使わずにいたが、カップオブエクセレンスのものは別だった。それはそれは素晴らしい品質。
入賞ロットの中でカフェテナンゴでは、「ロス・ピノス農園」を販売している。よく熟した実を想像させる甘い香りと柔らかい味で人気が高い。

まだ在庫はあるので、まだ飲んでいない方は一度試してもらいたい。
[PR]

by cafetenango | 2010-02-08 19:26 | ホンジュラス(コーヒー)
2010年 02月 07日

グロリアス農園

カフェテナンゴ開店時から扱っているコロンビア『グロリアス農園』。とても硬く引き締まった豆で、深く煎っても酸味が消えず、味の表現領域の広い豆。
新商品がたくさん出て、定番の豆が目立たなくなっていますが、コンスタントにオーダーの入る人気豆。
特にフレンチローストにしたときに本領を発揮しますね。

今日は久しぶりに店頭に並んだので、ちょっとブログに書いてみた。
[PR]

by cafetenango | 2010-02-07 22:35 | コロンビア(コーヒー)
2010年 02月 05日

ケニヤ

カンゴチョ農協の販売を2月限定で行っている。

柑橘系の後味があり、さわやかでコクもある。チョコレートにぴったりということでバレンタインデーに合わせて販売している。

お客さんがケニヤに合わせたら美味しかったといって持ってきてくれたチョコ。

e0159435_183218.jpg


オレンジ風味のチョコレート

フェアートレード商品で1枚290円。

たしかにこのチョコのオレンジ風味とケニヤ『カンゴチョ農協』の柑橘系風味は絶妙。

ちかくの自然食材屋さんに売っていると聞いたので、行って買い占めてきた。

とはいえ4枚だけだが・・・。

ただ「合う」だけではなくて、フェアートレードということで使っている材料の出所が分かるのがいい。
スペシャルティコーヒーも出所のしっかりしたコーヒーなので、コンセプト的にも『合う』のだ。

このケニヤ『カンゴチョ農協』に色々なチョコを合わせて楽しんで欲しい。
[PR]

by cafetenango | 2010-02-05 18:37 | その他
2010年 02月 04日

新商品

2月中旬から新商品を発売する予定。

一つは、ニカラグアの『エル・リモンシーヨ農園』。これはエチオピアからジャワ島を経由してニカラグアに渡ったジャバニカ種というロングベリー系の珍しい品種。

もう一つは、コスタリカのウエストバレー地区から『マチョ・アルセ農園』。
丁寧な精製と高い標高が生み出すカツーラ種100%の実力は・・・?

2つとも素晴らしいコーヒー。
[PR]

by cafetenango | 2010-02-04 19:57 | その他