『世田谷コーヒー宣言』 スペシャルティコーヒー専門店カフェテナンゴの公式ブログ

cafetenang.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2010年 11月 23日

エル・ホコティーヨとロス・ピリネオス

今日、深沢店に来てくれたお客さんには、エル・ホコティーヨ農園とロス・ピリネオス農園の飲み比べをしてもらった。

どちらもエルサルバドルのコーヒー農園だが、所在地は東と西で大きく異なる。

西のアパネカ=ヤマテペック山脈の北の斜面にあるのがエル・ホコティーヨ農園。(エル・ホコティージョとも読める)
この農園は、昨年のカップオブエクセレンスで2位に入賞して、日本のロースターが落札しているので、名前だけは知っている人もいるかもしれない。

一方で、ロス・ピリネオス農園は、今年のCOEで7位にパッカマラ種、30位にブルボン種が入賞している。
東のテカパ地区では、有名な農園。

今年だけでなく、何度かCOEには入賞していて、特にパッカマラ種は有名。
去年は、エルサルバドル国内のレインフォレストアライアンス認証を持つ農園を集めておこなったカッピングで一位。

2009年にこのロス・ピリネオス農園に訪問。
そのときにみせてもらった区画のブルボンが今年の30位入賞ロットになった。
山の山頂にある日当たりのよい区画で、よく覚えている。

ロス・ピリネオス農園訪問については、カフェテナンゴHPのコーヒー研究室の中の『出張報告』を見てほしい。

エルサルバドル テカパの出張報告はこちら
エル・ホコティーヨ農園のオーナーのアミカールさんからメールが届いた。
これからも連絡を取り続けられる関係を築きたい。

エル・ホコティーヨ農園の商品ページはこちら
[PR]

by cafetenango | 2010-11-23 19:32 | エルサルバドル(コーヒー)
2010年 11月 14日

エスプレッソブレンド

カフェテナンゴのネットショップ限定で『エスプレッソブレンド』を販売する。

中米専門店らしい面白く挑戦的で、美味しいブレンドを創りたいと思い、グアテマラ4種を配合。

9月に発売したカフェポッドとは一味違ったエスプレッソブレンドが完成した。

現在、一般的に売られているエスプレッソマシンは、だいたいカフェポッドに対応しているので、ポッドで楽しんでいる方も多いと思うが、粉で抽出したエスプレッソはさらに本格的な味になるので、ぜひ一度試して見て欲しいと思う。

商品ページの写真は、私が撮ったもの。ネイキッドから噴出したエスプレッソが身体にかかったりして大変だったが、楽しく撮影。

エスプレッソブレンドはこちら
[PR]

by cafetenango | 2010-11-14 22:14 | その他
2010年 11月 09日

パカマラ種?パッカマラ種?

先日、エル・インヘルト農園のカタカナ表記について書いてみたが、
今日は、パカマラ種とパッカマラ種。

これは『どちらでも良い』と思う。

綴りは【Pacamara】なので、どちらでも正解。

しかし、スペイン語は基本的にアクセントが後ろにある。

カマラ』ではなく、
『パカラ』となる。

『マ』にアクセントを置いて、発音してみて欲しい。

そうすると『パ』と『カ』の間に小さい『ッ』が入っているように聞こえる。

なので、カフェテナンゴでは『パッカマラ』と表記している。

くり返すが、これはどちらでも良いと思う。

エル・インヘルト農園『パッカマラ種』はこちら
[PR]

by cafetenango | 2010-11-09 22:42 | グアテマラ(コーヒー)
2010年 11月 07日

コスタリカ ラ・カンデリージャ農園

コスタリカのタラス地区にあるラ・カンデリージャ農園を訪問した際の写真を商品ページで見ることができるようになった。興味のある方は、どうぞ。

コスタリカ ラ・カンデリージャ農園はこちら
[PR]

by cafetenango | 2010-11-07 23:24 | コスタリカ(コーヒー)
2010年 11月 07日

エルインフェルト農園

エルインフェルト??農園??なんだこれ?

昨日、ヤフー検索で『エル・インルト農園』を調べたところ、どうも検索にひっかかる件数が少なかった。

現在グアテマラで最も有名な農園、いやそれどころか中米においてパナマのエスメラルダ農園とならんで有名なのに、なぜこんなに検索結果が少ないのだ、おかしい??と思った。

そういえば以前『エル・インフェルト』という表記をしているネットショップを見たことがあった。

ということで『エル・インフェルト』と打ち込んで検索してみたら、出てくるわ出てくるわ。(笑)

みんな、表記の仕方間違えてるのね。

エル・インヘルトは、【El Injerto】と綴るんです。

なので、【エル・インジェルト】と読むならまだ分かりますよ。アルファベット読みだもん。

だけど、【エル・インフェルト】ってどうやって読むの?それ何語の発音?

【El Injerto】は、スペイン語です。だから『エル・インヘルト』って読むんですよ。

農園の人に失礼ですよ。

みなさん、もっと勉強しましょうね。

ちなみに、エル・インヘルトって、スペイン語では『接ぎ木』の意味ですが、この農園の名前は、接ぎ木の意味ではありません。

ウエウエテナンゴに自生する果物の名前にエル・インヘルトというのがあって、それに由来している。

ちょっと長くなってしまったが、こんなことを書いたのは、『カフェテナンゴの表記が間違っている』と思われないようにするため。

大体、世の中で多く表記されているほうが正しいと思われがちだから。

何度もいいますが、正しくは『エル・インヘルト』ですよ。【インフェルト】ではない。

当店表記が正確。

カフェテナンゴが販売するグアテマラコーヒー最高峰『エル・インヘルト農園』パッカマラ種はこちら

[PR]

by cafetenango | 2010-11-07 06:16 | グアテマラ(コーヒー)
2010年 11月 06日

ホンジュラス『コポ・ミコ農園』

ホンジュラス『コポ・ミコ農園』は、今年のカップオブエクセレンス入賞コーヒー豆。

カツアイ種だが、昨年使った『ロス・ピノス農園』よりも大粒で、味もクリーンだ。

コーヒー豆というのは、焙煎によって色々な表情を見せてくれるので、販売前には少しづつ煎りを変えてサンプルを数種類用意する。

シティローストの初めくらいのものは、スイカやメロンのような甘い香り、澄んだ果実感がたっぷりのエレガントなコーヒーになる。フルシティ近くまで煎ると、バニラのようなまったりとした甘い香りがでてきて、口当たりにとろみが出る。どちらもすてがたい。

結局、この2つのいいとこ取りのできるポイントをうまく見つけて販売開始となった。

今、カフェテナンゴ深沢店では、テストローストしたときの『コポ・ミコ農園』をエスプレッソにして無料で試飲できる。これがまた美味しい。

浅い焙煎のものは、すでに終了して、今は少し深めのものに変わっている。
バニラアイスにかけてアフォガードにしても最高。

明日、明後日くらいは豆がありそうなので、暇があったら飲みに来て!
カップオブエクセレンス入賞豆のシングルエスプレッソは、なかなか飲めませんよ。

ホンジュラス『コポ・ミコ農園』販売ページはこちら
[PR]

by cafetenango | 2010-11-06 22:43 | ホンジュラス(コーヒー)