『世田谷コーヒー宣言』 スペシャルティコーヒー専門店カフェテナンゴの公式ブログ

cafetenang.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2011年 03月 29日

ポンパレ

昨年から話題になっているクーポン販売サイト。
50%以上の割引率で人気を集めている。

年明けにおせち事件で物議を醸したグルーポンを始めとして、
現在では数多くのクーポン共同購入サイトがある。

売上の50%をクーポン販売会社が取っていってしまうのが相場
らしい。だから、店のもうけなんてほとんどない。広告として
利用するくらいだ。

今日、カフェテナンゴのサイトのホンジュラスCOE【コポ・ミコ農園】
のページにやたらとアクセスが集中していた。

なぜだろうと思っていたら、「ポンパレ」というクーポン販売サイトで
北海道のレストランが【コポ・ミコ農園】を売っていた。

おそらく購入を検討していた人が、『一般的にはどれくらいの値段で売ら
れているのだろう?』というのを検索して、うちのページに来たものと
思われる。

そのサイトの販売ページを見て『あれ?』と思った。

【コポ・ミコ農園】の味や香りのコメントがどこかで見たことがあるような・・・。

「ポンパレ編集部からのコメント」という欄には、農園名の意味が書いてある。

『ん?』この文章は・・・。

自分が書いたものだ!!!!!

なんと「ポンパレ」の商品説明は、カフェテナンゴHPのコポ・ミコ農園の
商品ページのパクリ。

味コメントは、微妙に言葉を変えてあるが、文章の流れと表現が同じ。

コポ・ミコとは~のくだりは、語尾を変えただけで、完全にコピー。

まあ別に引用するのは構わないけど、ほぼ全てがうちのページのパクリという
のはひど過ぎる。

データ的なもの、標高とか降雨量などは参照しても構わない。
誰が書いても一緒だから。

しかし、味の表現などは売る人間が自分で感じたことを書くものだと思う。

カフェテナンゴのHPでは、中米の情報を公開しているので、参考にするのは結構な
ことだが、こういう【いい加減な販売ページ】に使われたことは、非常に残念。
[PR]

by cafetenango | 2011-03-29 23:48 | その他
2011年 03月 22日

フェイスブック

地震の後、中米のコーヒー関係者から多くのメールをもらった。

最近は、フェイスブックでメッセージをもらうことも多い。

1998年に半年の間、カフェ文化研究の為にヨーロッパを巡っていたとき
外国人と知り合うと『メールアドレス教えて』というのが合言葉のように
なっていたが、最近は『フェイスブックにアカウント持ってる?』にとって
変わられたようだ。
[PR]

by cafetenango | 2011-03-22 22:50 | その他
2011年 03月 21日

料理通信

◆この度の「東北地方太平洋沖地震」にて被災された皆様、その御家族の皆様方に、心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く被災地の方々の生活が回復に向かわれるよう、心よりお祈り申しあげます。◆



「料理通信」4月号にカフェテナンゴが掲載!

私は、焙煎を科学的に捉えるだけでなく、また勘やセオリーに頼ることもなく、
豆という素材を徹底的に知ることで、その豆の持つポテンシャルを引き出す。

産地の気候や標高、品種、精製方法を考慮して、どのような味が表現可能かということを
考えて焙煎することが、豆の持っているものを最大限に引き出すことにつながる。

【産地の経験・知識】と【焙煎の経験・知識】の融合というのがカフェテナンゴローストの
最大の特徴で、これを極めるためには毎年の産地訪問が欠かせない。

というわけで5月にまた中米出張をしようと計画中。
[PR]

by cafetenango | 2011-03-21 18:16 | その他
2011年 03月 09日

エアロプレスブレンド

エアロプレス専用のブレンドを開発した。

グーグルで検索してもエアロプレス専用のブレンドは出てこないので、
おそらく『日本初』だと思う。

エアロプレスの特徴は、ペーパーで濾すのにもかかわらず、圧力をかけるので
油分が非常に多く抽出されることだ。

これにより香り高い珈琲を作ることができるのである。

①、ブレンドには油分を多く含むコーヒー豆を使うことで、その特徴を最大限に活かしている。

②、お湯の温度によって味の出方がかなり違うので、多少湯温がぶれたとしても味がでる
ように配合を工夫してあるので、抽出の失敗が少ない。

上記2点が他のブレンドとは違うところ。

このブレンドを創ったが、定番のブレンドでもエアロプレスを楽しむには十分だと思う。

「カフェテナンゴ」、「ハチドリ」、「フカサワ」という3つの定番ブレンドは、
それぞれに味の特徴がはっきりしていて、珈琲の魅力を味わう為の味と香りをほぼすべて
カバーしていると思っている。

だから定番ブレンドのほかにエアロプレス専用のブレンドを創る意味があるとすれば、
レシピとのセットでアピールするほかないだろうと考えた。

カフェテナンゴの方針として『抽出はお客様各自におまかせ』しているが、このブレンドに
関しては例外で、レシピを書いている。

しかし、これが絶対というわけではないので、各自好みの味がでるレシピを見つけて欲しいし、
良いと思われるレシピがあれば、ぜひ教えて欲しい。

カフェテナンゴが通販しているエアロプレスブレンドはこちら
[PR]

by cafetenango | 2011-03-09 22:27 | その他