『世田谷コーヒー宣言』 スペシャルティコーヒー専門店カフェテナンゴの公式ブログ

cafetenang.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2014年 07月 23日

ドライミルの後、ウエウエテナンゴへ向う

ウエウエテナンゴはグアテマラの北部。日本語では多少コミカルに響くこの名前だが、ウエウエットレの木がたくさん生い茂る場所という意味である。

コーヒー産地としてはグアテマラシティ近辺やコバンのほうが古いが、現在中米で、いや世界で見てもトップクラスのコーヒー豆を産出するエリアである。

しかし、遠い。アクセスしにくいのだ。車で行くとグアテマラシティからたっぷり6時間以上かかって山のふもとまで行って、そこから各農園、農協まで2~3時間をかけていく感じ。

今回も例にもれずグアテマラシティからスタートし、ウエウエに向かう。

その前にフェデコカグアで見たコーヒーの選別機を紹介しよう。

e0159435_1525236.jpg


これが最新鋭の選別マシン!!ゲームセンターに置いてありそうな・・・。

とにかくこれで生産性がめちゃくちゃに上がったそうですが、価格もすごいそうで・・・。

これは動画で見せなきゃと思って撮ってきました。




取り除きたい欠点豆の色をコンピュータに登録しておくと、その色を持ったコーヒー豆がカメラの前を豆が通過した際にエアで吹き飛ばすという仕組み。従来の製品はカメラが一つしかなく、一方向からしかチェックできなかった為、カメラの死角に欠点がある場合は選別をスルーしてしまっていたが、この機械は裏表の2方向からカメラでチェックをするので、悪い豆を逃がさない。

こういう機械がでてくるとますますコーヒーがクリーンになっていく!!楽しみだ。
[PR]

by cafetenango | 2014-07-23 15:35 | グアテマラ(コーヒー)
2014年 07月 05日

カッピングカッピングカッピング

この出張では朝イチのカッピングが多い。そしてお昼も夕方も。カッピングの千本ノック状態ですよ。
そのために来ているのだから当たり前といえば当たり前か。しかし時差ボケ、寝不足で移動が多く、
体調管理が難しい中でのカッピングは本当に大変。
できれば中米に着いて1週間くらいのんびりして体を慣らしてからカッピングするほうが良いのだが、
そんな悠長なことは言っていられない。

e0159435_1985591.jpg


この日はグアテマラシティにあるフェデコカグアでいろいろな産地のコーヒーをカッピングさせてもらった。
昨年に続いて2度目の訪問になったこのフェデコカグア。ヘラルドさんも元気そうでなにより。
コーヒーの相場が急騰して、いろいろな問題が出てきているようでした。

終わるとすぐにパリンにあるドライミルへ。ここで新しい選別機を見る。精製、選別の機器がどんどん
良くなってくるとますます良いコーヒーが沢山できるようになる。

選別機の写真は次回。
[PR]

by cafetenango | 2014-07-05 19:14 | グアテマラ(コーヒー)
2014年 07月 03日

グアテマラシティへ

このブログ4月が最後の更新でずーっとほったらかしになっていました。すいません。
新人が入ってトレーニングをしていたら2か月があっという間でした。

さて出張報告をしていたんでした。ホンジュラス編が終わって、次はグアテマラ編。

ホンジュラスのサンペドロスーラの空港でミーティングをしてから搭乗。ホンジュラス、グアテマラ間を
飛行機で移動するのは初めてで、いつもはバス。早くてラクですね~。

距離的にはとっても近いのだが、エルサルバドルの空港で乗り換えがある。まあこのあたりのハブは
エルサルだから仕方ないのね。

e0159435_10275090.jpg


エルサルといったらこれでしょ。ププサ。絶対にたべなきゃ。

グアテマラに着いてホテルのお迎えシャトルバスを待っていたがなかなか来ない。

今までシャトルバスには何度も泣かされてきた私にとっては『またか』というあきらめの感情しか湧かない。
実際にあまりあてにしていない。

大き目のホテルなんかだとホテル名が入ったバスが来るので一応安心だが、家族経営のちいさなところ
だと、その家の自家用車でくるもんだからちょっと不安だ。

お迎えにきたと思って乗ったら、強盗の車だったなんてこともあるので注意が必要。

どういうことかっていうと。名前を書いたプラカードを持ってホテルの人が待っている。その名前をコピーし
たカードを持って強盗が待っているという恐ろしい状況。

空港から出た瞬間に強盗のほうのカードが運悪く目に入ってしまったらご愁傷様。というわけ。

グアテマラで一度明らかに怪しい状況に出くわしたことがある。

空港を出たら段ボールの切れ端にYoshiyukiと書かれたものを持って待っている人がいて、明らかに
あやしかった。予約段階では男性従業員が迎えにくることになっていたのに、それを持って待っていたの
は女性。

とりあえず話をしてみると、どうやら予約した宿に間違いはなさそうだった。私の名前を女性のものだと
思ったらしく、女性を迎えによこしたとのこと。

そのときは、本当にその宿の人だったのでよかったが、段ボールの切れ端(しかも四角ではなく、ビリッと
ちぎった感じのボロボロのやつ)はやめてほしいものだ。

今はさすがにそういう状況が生まれそうな宿は予約しないことにしている。

話が逸れましたが、とりあえず空港からシャトルバスでホテルについて、チェックインしたときはもう22時を
回っていたんじゃないかな?部屋はきれいで快適でずっと泊まっていたいくらい良かったが、翌日は朝から
カッピングの予定があり、そのあとはウエウエテナンゴに向かうことに。

せっかくいい部屋なのにたったの数時間しかいられないなんて・・・。
[PR]

by cafetenango | 2014-07-03 10:29 | グアテマラ(コーヒー)