『世田谷コーヒー宣言』 スペシャルティコーヒー専門店カフェテナンゴの公式ブログ

cafetenang.exblog.jp
ブログトップ

タグ:フェデコカグア ( 2 ) タグの人気記事


2014年 07月 23日

ドライミルの後、ウエウエテナンゴへ向う

ウエウエテナンゴはグアテマラの北部。日本語では多少コミカルに響くこの名前だが、ウエウエットレの木がたくさん生い茂る場所という意味である。

コーヒー産地としてはグアテマラシティ近辺やコバンのほうが古いが、現在中米で、いや世界で見てもトップクラスのコーヒー豆を産出するエリアである。

しかし、遠い。アクセスしにくいのだ。車で行くとグアテマラシティからたっぷり6時間以上かかって山のふもとまで行って、そこから各農園、農協まで2~3時間をかけていく感じ。

今回も例にもれずグアテマラシティからスタートし、ウエウエに向かう。

その前にフェデコカグアで見たコーヒーの選別機を紹介しよう。

e0159435_1525236.jpg


これが最新鋭の選別マシン!!ゲームセンターに置いてありそうな・・・。

とにかくこれで生産性がめちゃくちゃに上がったそうですが、価格もすごいそうで・・・。

これは動画で見せなきゃと思って撮ってきました。




取り除きたい欠点豆の色をコンピュータに登録しておくと、その色を持ったコーヒー豆がカメラの前を豆が通過した際にエアで吹き飛ばすという仕組み。従来の製品はカメラが一つしかなく、一方向からしかチェックできなかった為、カメラの死角に欠点がある場合は選別をスルーしてしまっていたが、この機械は裏表の2方向からカメラでチェックをするので、悪い豆を逃がさない。

こういう機械がでてくるとますますコーヒーがクリーンになっていく!!楽しみだ。
[PR]

by cafetenango | 2014-07-23 15:35 | グアテマラ(コーヒー)
2013年 07月 30日

フェデコカグアのオフィスへ(2013中米出張)

フェデコカグアのヘラルドに連絡したらオフィスを案内してくれるというので、
ソナ5にあるオフィスに9時に行くことになった。
アンティグアに泊まっていたので、午後のほうが都合が良かったのだが、
ちょうどその日(5/10)は、母の日だったので、午後は家に帰ってしまうとの
ことで午前しか空いていないと。

朝7時にアンティグアからカミオネータ(バスのこと)に乗ってグアテマラシテ
ィへ。そこからはさすがにバスを乗り継ぐ勇気も時間もなくタクシーに乗った。

着いた着いた。ついにやってきました!ヘラルドにおいでと言われていたが
なかなか機会がなかった。でも今回やっと実現した!

フェデコカグアとは何ぞやという方に説明しておきましょう。

【Fedecocagua】

たぶん、Federación de Cooperativas Agrícolas de Productores
de Café de Guatemalaの略なんだと思いますが・・・。

ざっくり言えば、コーヒー農協の親玉みたいなものかな。

アティトラン地区とアンティグア地区を除いて、グアテマラの全ての地域で採
れるコーヒーを扱っている。

なぜアティトランとアンティグアは扱わんのだ?という疑問がふつふつと沸い
てくるでしょう。そうでしょう。

聞いてみましたよ。

アティトランというところは、農園が少なく小農家がほとんどの地域。コーヒー
の収穫期ともなれば、道端にコヨーテがたくさん出て、精力的にチェリーの買
い付けを行っている。

コヨーテというのは、仲買人のことで、道路の脇に秤を設置して地域住民が持
ち寄るコーヒーチェリーを量って買い取る。小農家からすると「お金がその場で
もらえる」というのは魅力的なので利用者はたくさんいる。

フェデコカグアにとっては、契約していた分を勝手に他に売られてしまうなど安
定した取引が出来ないため、この地域のコーヒーは扱わないことにしたのだと
か。

じゃあアンティグアはどうしてだ?だってグアテマラきってのブランド地区だろ?
と突っ込みたくなりますね。

アンティグアは、伝統的に他の地域から豆を集めてきて、アンティグア地域内
で精製処理をして【アンティグア産】として仕上げてしまったりするのでNGなん
だとか。

まあそういうことがあるからこそアンティグア生産者協会が設立され、本当にア
ンティグアで育ち、アンティグアで収穫された本物のアンティグアコーヒー、『ジ
ェニウィン・アンティグア』のロゴマークが生まれたんだろうけど。

そんなわけでその2地域は扱わないんだそうだ。

あとは、グアテマラを襲ったさび病の話も聞いた。前回さび病について書いたの
でここでは書かない。

ラボラトリーに案内してもらって、カッパーたちに混ざって一緒にカッピング。

e0159435_1834140.jpg
【写真はイメージです】
アカテナンゴ、ニューオリエンテ、サン・マルコス、コバン・・・。日本ではなかなか
並ぶことのない地区の豆が一堂に会すると気持ちいいし興味深い。日本だとウ
エウエとアンティグアに偏るもんなあ。

ヘラルドも昼過ぎには帰るとあってそわそわ気味。なのでカッピングが済んで、
オフィス内をぐるっと見てさっさと戻ることにした。

オフィスの前でタクシーを拾って、そのままショッピングセンターへ(ティカルフト
ゥーラとミラフローレス)。

施設内にある【&cafe】アンドカフェとかイカフェとか呼ばれるグアテマラのコーヒ
ーチェーンで休憩。
スターバックスみたいないわゆるシアトル系の作りで『グアテマラにもこんなの
あるんだ』と意外に思う方もいるかもしれないが、他にもこのようなチェーン店は
あるし、もちろんスタバもある。

カミオネータに乗ってアンティグアに着くとお昼を過ぎていたので、昼食をとりに
ドニャルイサというアンティグアで一番有名なカフェに入った。

サンドイッチとコーヒーをオーダーして待っていたら、一人の女性店員が近づい
てきて「あんたいつ戻ってきたの?」って言われた。見たら以前よく応対してくれ
ていた店員さんだった。あんたこそまだここにいたんだ。

帰ってきたんだなあという嬉しさがこみ上げる。コーヒーをおかわりして飲んで店
をあとにする。

アンティグアの街をぶらぶらと歩いて、新しいお店をチェック。

カフェとスパが増殖している。カフェのほとんどにエスプレッソマシンが設置され
ている。こういう時代になったんだなあと思いながら歩いていると、エアロプレス
とかV60とかカリタとか、そういうのまで置いている店があるじゃない。

すごい進化を遂げたなあとびっくり。
[PR]

by cafetenango | 2013-07-30 18:35 | グアテマラ(コーヒー)