『世田谷コーヒー宣言』 スペシャルティコーヒー専門店カフェテナンゴの公式ブログ

cafetenang.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 07日

カップオブエクセレンス 

今年中米では初めてのCOEのオークションがエルサルバドル。今年のエルサルバドル1位はエル・トパシオ農園。
パッカマラ種のロット。

最近このパッカマラという品種は注目を集めている。パカス種とパッカマラ種を掛け合わせて「パッカマラ」。

カッピングをすると、コメントには「グアヤバ」や「マメイ」など中米ならではのフルーツの他、
「チョコレート」「モモ」などが並ぶ。この品種ならではの「タマネギ」というコメントもよくある。

高い評価を得るパッカマラは『チョコレート』と『フルーツ』が入り混じって、独特のフレーバーを持っている。
そして、あまり評価されないのが『タマネギ』のフレーバーが強く出すぎているもの。

とても複雑なフレーバーをもつ不思議な品種で、グアテマラなどでも植える農園主が増えている。

今年のグアテマラCOEの1位はまたもやエル・インヘルト(ウエウエテナンゴ)のパッカマラ種。
去年に続いて2年連続の1位獲得。

去年はポンド80ドルという超高値がついて話題になったが、今年はどうなるのか?
いまからオークションが楽しみだ。
[PR]

by cafetenango | 2009-06-07 22:36 | エルサルバドル(コーヒー)


<< コスタリカのカップオブエクセレンス      ラ・パンパ農園 >>