『世田谷コーヒー宣言』 スペシャルティコーヒー専門店カフェテナンゴの公式ブログ

cafetenang.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 25日

ラ・フロレンシア農園のヘラルドと食事(2013中米出張)

ラ・フロレンシア農園のヘラルド・フローレスは、カフェテナンゴに来てくれたことがある。
その時は、ラ・フロレンシアのコーヒーを販売していなかった。前回グアテマラに行った
ときに農園を訪問してそれからカフェテナンゴでは定番のコーヒーとして販売を続けて
いる。
ブルボン種、ティピカ種、ブルボンシート種など数品種を栽培しているが、なんといって
もCOEに連続入賞したブルボンが有名だ。

酸が研ぎ澄まされて美しく、アフターにチョコレートのような甘く芳ばしい香りが残るすば
らしいコーヒーを毎年送ってくれる。

e0159435_17271690.jpg
【ヘラルドと店主かやぬま】

今回の出張では農園に行く時間がなかったので、「ビールでも飲みに行こうよ」と誘さそ
ってみた。

じゃあイタリアンに行こうということになって、宿泊しているホテルまで迎えにきてくれた。
ヘラルドは元気そうで安心したが、農園はさび病で収穫がかなりダウンしたそうだ。

さび病が蔓延したのは気候の変動(異常気象)が大きくかかわっているという。高温
多湿が続き、さび病の菌が繁殖しやすい環境が長い間続いたのが主な原因。

葉っぱが落ちてしまうので、光合成ができなくなり、木の成育が止まり、実が熟さない
ままになってしまう。次の年、その次の年まで影響が及ぶ。

これから先が本当の問題(摘み取り労働者の失業)だとも言われている。

ヘラルドと奥さん、私と川野の4人でテーブルに着く。ビールとパスタを注文。
グアテマラでパスタを食べるなんて久しぶりだ。

昨年の天候、今年の天候、さび病、グアテマラの経済、日本の食べ物、グアテマラの
食べ物、色々と話して、飲んで、そして出てきたパスタが半端なくデカかった。

『これは満腹中枢をやられないうちに食べきるしかない』と判断。

ビールと話は控えめにパスタをほおばる。むむ。これはかなりイケる。しかし何のパス
タだったか今となっては覚えていない。海の幸が香るものであったことは確かだ。

リゾットを頼んだ川野は、そうとう苦しそう。もちろんこれも量が多い。

結果的には美味しく完食。おもったより強敵ではなかった。ああよかった。ビールも2本
飲めたし。日本人だから(?)残すのがどうしても苦手。出されたものは基本的に食べ
きりたい。

欧米人と一緒にホームステイしていて感じたことだが、食べ物を残すことについて
「もったいない」みたいな感覚が無いとはいわないが、日本人より薄い人が多いのか
なと。

出したものをきれいに食べてくれるので日本人の下宿生は好きだというファミリーが
多いという話もきいたことがある。平気で(?)残す日本人もいっぱいいるけど。

私は出してもらったものを残すことは「心苦しい」ので無理してでも食べてしまう。
だから海外などで大量の食べ物を出されたときは壮絶な自分との闘いである。

食後にコーヒーでもとウエイターが勧めてくれたが、もうお腹いっぱい。一滴も入りま
せん。ラ・フロレンシア農園のコーヒーが出てくるなら頑張って飲むけど。

コーヒーとは関係なく農園主と飲んで食べて話をする。これも大切なことだと思って
いる。ホッと息抜きができた美味しく楽しい夜だった。

ラ・フロレンシア農園の購入はこちら
[PR]

by cafetenango | 2013-07-25 17:49 | グアテマラ(コーヒー)


<< サン・ヘラルド農園のポール(2...      レセルバ・デル・コメンダドール... >>