『世田谷コーヒー宣言』 スペシャルティコーヒー専門店カフェテナンゴの公式ブログ

cafetenang.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 09日

オロクィルタにププサを食べにいく

コンセホでカッピングを終えて、11時半にエルネストがププサを
食べに行こうとオロクィルタに連れて行ってくれた。
e0159435_13345898.jpg

ここは、米粉のププサ発祥の地として有名。(昔はトウモロコシの
粉で作ったものしかなかった)首都サンサルバドルからエルサル
バドルの国際空港に向かう途中にあり、ププセリア(ププサ屋さん)
が軒を連ねている。

フリホーレス・コン・ケソ(フリホーレス豆とチーズが入ったもの)を
1人3枚づつ頼んで、おばちゃんが売りに来たマラニョン(カシュー
ナッツ)を買って食べながら待つ。
e0159435_13353618.jpg


来た来た!ププサ。これを食べにエルサルバドルに来たと言って
も過言ではない!
e0159435_13342092.jpg


表面のサクサク具合と中のトロトロ具合が素晴らしい。
いくらでも食べたいが、実は結構おなかに溜まるので3枚が限界。

午後はコンセホに戻って、エルネストのロースト講義とカッピング
実習に参加。
e0159435_13355971.jpg

熱気ムンムンで(場所が狭いのもあるが)なんだか楽しい。みんな
真剣にコーヒーを学ぼうとしているのが良く分かる。

El Nombre de Dios(エル・ノンブレ・デ・ディオス)やLa Puente
(ラ・プエンテ)など農園関係者も
多く出席していたので、名刺交換をさせてもらった。こんな感じで
どんどん新しい農園とつながっていく。今度来た時には農園を見
せてもらおう。

授業が終わって外に出ると街路樹としてマンゴーの木が植えられ
ていたので、棒でたたき落としてマンゴーをほおばる。うまい!
日本で買ったら1個300円はするなこりゃ。

エルネストは近くにあるカットフルーツの屋台にいこうと言いだし、
色々なフルーツをみんなで食べた。
私はマンゴーを食べて満足していたが、パイナップルとギネオ
(バナナ)を食べた。どちらも甘い甘い。

その後宿に送ってもらう。エルネストはわざわざ旧市街をまわって
くれて、少しだけ観光することもできた。

出発前日にレストランで食事をしようと約束してその日は別れた。
[PR]

by cafetenango | 2013-09-09 13:46 | エルサルバドル(コーヒー)


<< ロス・ピリネオス農園へ(201...      コンセホ・サルバドレーニョ・デ... >>