『世田谷コーヒー宣言』 スペシャルティコーヒー専門店カフェテナンゴの公式ブログ

cafetenang.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 02日

ヨホア湖の思い出

e0159435_23154020.jpg

以前私がIHCAFEに来たときにはセサールさんという方にくっついて焙煎やらカッピングやら
を学んでいました。
そのセサールさん。今もここで働いていました。会えるのを楽しみにしていたのですが、残念
ながらこの日は日曜日だったので、IHCAFEに出勤していませんでした。しかしホンジュラス
を巡ったのち、最後にここに戻ってくる予定だったのでその時に会おうということに。

で、カッピングを終えて移動。この日は、ホンジュラスの西部地区サンタ・バルバラの小生産者
を訪問する予定でした。とりあえずお昼ごはんを食べてからということで、ヨホア湖畔のホテル
のレストランへ。

e0159435_23225586.jpg

ちょっと皿の縁がきたないですが、私がやったわけではないですよ。盛られたときからです。
この赤く飛び散っているのはレモラチャのサラダ。レモラチャというのは、ビートのこと。慣れないと
(慣れてもか)かなり泥臭いフレーバーが口内を満たします。私は2005年に中米に来て初めてこ
れを食べた時、本当に土が混ざっているのかと思って残しました。しかし次に食べた時にも同じ味が
したので、『これはこういうものなのか』と。だいたいサラダにすることが多いと思いますが、ジュース
にして飲んだりもします。泥っぽい「アーシー」な感じが今は多少心地よい気もするので、【慣れ】とい
のは不思議というか、すごいですね。

ところでこのヨホア湖。私は3回目でした。つまりホンジュラスに来ると毎回ここに来ていることに
なります。なぜか縁のある場所ですね。
e0159435_23372354.jpg
【天気が悪いですがヨホア湖の景色】

最初にここに来たときは、ほとんどスペイン語が分からない時。辞書(しかも紙辞書)を片手に
首都テグシガルパからタクシーで来て、運転手と一緒にレストランでティラピア(湖で獲れる魚)
を食べた記憶があります。丸揚げされたティラピアが大きすぎて運ちゃんに食べるのを手伝って
もらった。考えてみたらその時もレモラチャのサラダを食べたような覚えが。
この湖の周りではコーヒーが栽培されているとはいえ、たいして言葉が分からない時によくこんな
ところまで来たなあと今となっては思いますが。

なんだかもういろいろな思い出が混ざり合って懐かしいんだかなんだかよく分かりませんが、私に
とってホンジュラスといえばこのヨホア湖なんです。
[PR]

by cafetenango | 2014-04-02 23:50 | ホンジュラス(コーヒー)


<< サンタバルバラのコーヒー      藁とコーラ >>